ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 13201件ヒットしました

  2. 愛花姫俺お前のことが前から好きだった! 付き合ってくれ

    きゅん

    0

    Rinさんをフォロー

    通報する

  3. 「タマゴに絵を描くなんて、初めてだよ~」

    ルンルンで色を塗る僕の彼女は、可愛い。


    「あっ君のタマゴ貸して」

    「なんで?」

    「ゾルルを描いてあげる」

    「僕のは色だけで…」

    「ゾルルだけじゃ寂しいね
     隣にあっ君も描いてと」

    「だから…」

    「見て、私の絵も描いちゃったよ」


    可愛いでしょ?アハハって
    ツインテ揺らして、微笑んで。

    何でも『楽しい』に変換できるりんりんが
    可愛くてたまんないんだけど。


    「その笑顔、僕がいない所でも
     振りまいてるでしょ?」

    「みんな、私を笑わせてくるんだもん」


    は~

    僕、笑顔ごときで嫉妬してんの?

    我ながら、ダッサ。


    「タマゴ完成。あっ君のお部屋に飾ってね」


    りんりんから受け取ると

    タマゴに『あっ君 大好き』の文字が。


    かぁぁぁ///

    可愛すぎる不意打ち、マジでやめて。

    僕も不意打ちで、りんりんを襲っちゃうよ。

    きゅん

    3

    秋風さらさんをフォロー

    通報する

  4. 私はよく廊下ですれ違うとある同級生の男の子が気になっていた。
    もちろん話したことなんてない。

    きっと彼は私の名前なんて知らないだろうし、第一視界に入ってもいないだろう。

    それでもなぜだか彼に惹かれていた。

    今日はすれ違えなかったな、と落ち込んでいると昇降口に彼の姿があった。

    挨拶なんてする勇気のない私は、気付かないふりをして靴を履く。

    「……あの、俺永野涼介っていいます。良かったら、LINO交換しませんか??」

    このまま気付かないふりをして帰ろうと思っていたのに、話しかけてもらえた。それにこんな嬉しいことまで…

    「あ、突然こんなこと言って迷惑ですよね、すみません。」

    「…全然そんなことない!」
    思わず力強く言ってしまった私。

    「変だと思うんですけど、俺、君のことが気になってて…」
    驚いた。私の存在が認識されていたなんて。

    「……私も…。LINO交換しよう。」

    きゅん

    0

    Kazu-haさんをフォロー

    通報する

  5. 『お前やっぱりあいつのこと好きなのかよ〜』

    『うるせー!』
    昼休み、教室で聞いた会話。
    普段顔を赤くしない結翔が顔を赤くしていた。

    だから気付いちゃったんだ。結翔、好きな人いたんだ。


    「私はずっと好きなのに…バカーーー!」
    誰もいない教室で1人で叫ぶ。
    私、何やってるんだろ。

    「…菜奈、好きなやついたの?」

    声がして振り向いたら、そこに居たのは結翔だ。タイミング悪っ……。

    「…いるよ!でも今日失恋したの!ほっといてよ!」気づかれたくなくて、素直になれない私。

    「じゃあ、俺じゃダメ?」

    「…バカじゃないの!?好きな子いるんでしょ?なんで私にそんなこと言うの!?」そう言ったそばから涙が出てくる。

    「…まじか、あれ聞かれてたか。」

    「え?」

    「いや、だからその好きな子って菜奈のことだけど?俺期待していいの?」

    「…ほんとにバカ、結翔。大好き。」

    きゅん

    0

    Kazu-haさんをフォロー

    通報する

  6. 「美緒〜、もう探していいよ。」
    私は今、幼なじみの類の家でエッグハントというゲームをしている。
    どこにあるのかな〜?
    私は、類の家を探してまわる。
    後ろには類がいて、後ろで笑っている。

    「あと、2分!」

    残り時間がどんどん少なくなっていく。
    ホント、どこにあるの?
    類の家の隅々まで探したのに。
    探していないところあったかな〜?


    「あと、1分〜。」
    探していないところ……あった!
    類の部屋だ!
    私は類の部屋に急いで向かった。
    ガチャ。
    私は勢いよくドアを開けた。
    すると、類の部屋の真ん中あたりにプラスチックの卵があった。
    私は、卵を手にとって中を見てみた。
    中には手紙?ノートの切れ端?があった。
    その紙を見てみると
    『好きです。僕と付き合って。』
    と書かれていた。
    「類っ!これ……。」
    「僕の気持ちだから受け取って。」


    私は顔を赤らめた。

    きゅん

    1

    赤坂心さんをフォロー

    通報する

  7. 「なんで冬真がいるの?」


    「たまたま来た。」


    「そう…なんだ。」


    私と海くんの話を聞いて来たと思った期待がしずんだ。


    「ってか海は?」


    「飲み物買いに行ってる。」


    「へぇ~。」

    「俺も仲間に入れて。」


    「いいよ。」


    本を読んでると急に冬真が話してきた。


    「春美って俺のこと好きなの?」


    「え!?ないない。」


    「そしたら残念。」


    残念ってどういうこと?

    期待させるようなこと言わないで。


    「残念って?」


    「俺のこと好きって認めたら言ってあげる。」


    「…好き。冬真のことが好き。」


    と言ったら10秒くらいの沈黙が流れた。


    「…俺もだし。」


    「え!?」

    「本当!?」


    「うん、本当。」

    「今日来たのも嫉妬だったし。」

    「あ~、俺かっこ悪っ。」

    「こんな俺でもよかったら付き合って。」


    「はい!」

    きゅん

    1

    迷いの子猫さんをフォロー

    通報する

  8. 「夏希~、一緒に帰ろ~。」


    と冬真くんが言った。

    いいよ~、って言おうとした言葉を秋斗に被せられた。


    「ダメ。俺と先約がある。」


    って。

    「ちょっ秋斗、約束…んっ。」


    口を手で押さえられてしまった。


    「帰るよ、夏希。」


    と秋斗は私の手を引いて昇降口の反対の方へと歩いていく。


    「帰らないの!?昇降口あっちだよ!?」


    「知ってる。」

    「お前どうして冬真と帰ろうとしてんの。」


    「どうしてって秋斗と帰っても面白くないから。」


    「俺といてつまんないわけ?」


    「つまんなくはない…けどもうちょい私に構ってほしい。」


    「…お前どこでそんな可愛い言葉覚えてんだよ。」


    「え?」


    ってか今、可愛いって言った!

    あの秋斗がだよ!


    「じゃあもう俺今日から愛情表現するから嫉妬させるな。」


    「えっ!嫉妬してたの?」


    「今更。」

    きゅん

    0

    迷いの子猫さんをフォロー

    通報する

  9. うさ耳を付けた先輩が同じ種類のうさ耳を私の頭に付けた。

    「うん、可愛いね!」
    満足そうな先輩

    「お世辞はいいです//」
    お世辞でも、顔が赤くなる。

    「う〜ん、事実だけどなぁ」
    困り笑いの先輩

    「先輩の方があざと可愛いですよ!」
    私は本心で早口に言う

    「惚れた?」
    冗談のように軽い返事

    「はいって言ったら、どうしますか?」
    私の恋心を弄んだ仕返しに困らせようとすると、
    先輩の顔が赤くなる

    「//本当に?」
    顔が真っ赤なのに、真剣な表情の先輩に心が揺さぶられて、

    「本当ですよ…」
    つい、本心を答えてしまった。

    「俺と、付き合って下さい!」
    先輩の目は、真剣だった。

    「はい。」
    私は、迷わず答えた。

    きゅん

    2

    Luluhaさんをフォロー

    通報する

  10. 先生に呼ばれた。先生以外いない保健室は、どこか静かで落ち着いていた。そして、なにを言われるんだろうと思っていたら、「好きだ///俺と付き合ってくれ。」と、言われたのであたしは、迷わず「もちろんです///あたしも好きなんで♡」と言ったらとても嬉しそうにする先生。もう去年卒業したから、なんだろうと思ったら告白だったなんて、、、嬉しすぎと思いながら帰った。あれから一年後にプロポーズされ結婚し赤ちゃんもできて幸せです!

    きゅん

    1

    なこな。さんをフォロー

    通報する

  11. 「ねぇ、なおちゃん!」

    そう呼んだのは、私がマネージャーをしている、バスケ部の先輩。

    「俺と付き合わない?結構本気で、」

    この先輩は女たらしだと言われてる。

    嫌だ

    さっきから先輩の変な視線を感じて

    こ、怖い、

    「ご、ごめ、、」

    「まさか、断ったりしないよね?」

    「い、いやぁ、」

    先輩が手首をつかんできたそのとき

    「なにしてるんすか?中川先輩?」

    「れおくん!?」

    同じくバスケ部の同級生のれおくんが

    「れおじゃねえか、なんだよ。いま、取り込み中だ、邪魔すんな。」

    「邪魔だなんて酷いですね、俺一応、」

    次の瞬間後ろから抱きつかれたて、

    「この子の彼氏なんで」

    か、彼氏!?

    先輩は私の反応を見て本気だと思って去っていった。

    「助かった。ありがとう、れおくん!」

    「いや全然大丈夫、逆に彼氏とか言ってごめんね。でも俺、」

    「なおちゃんのこと本気で好きだわ」

    きゅん

    2

    空音さんをフォロー

    通報する

  12. 今朝、放課後に同級生の大喜田 聖君に教室に来てほしいと、言われた。やっと最後の授業も終わり、指定された、教室へ入る。すると、一番端っこの席に、私を呼び出した張本人、聖君がいた。「えっと…手紙入れてくれた、聖君…かな?」そういうと、「あっ…!昌己さん!」元気にそういう彼に胸が、ドキッとした。話って…何だろう。「その…突然なんですけど…俺と付き合ってくれませんか?」予想外のことばに、かなり驚いた。私なんかが、告白さるなんて…「ありがとう。でも、私なんかでいいの?地味で不細工な私で…「あーもう。俺はただ、純粋で、みんなに気配りできて、可愛い昌己さんが好きなんです…!」そう言ってくれた彼のやさしさを感じて、理解した。私も彼が好きだということに。「私なんかでいいなら…!」そう言って、にっこりとほほ笑んだ。これからも続く彼との日常が楽しくなるようにと心の中で思った。

    きゅん

    2

    arika꙳★*゚さんをフォロー

    通報する

  13. 高校最後私は大好きな人に告白する
    「私は春太のことが好きです」
    「ごめん…」
    私の初恋は終わってしまった…
    そう思うと涙が出てきたでも
    春田がここを出ていくまでは泣かないそう思い春田が屋上を出ていくのを待った
    もういない春太のことを思うと涙が流れた
    「大好きだったよ春太のばかぁ…」
    一度溢れた涙は止まらなかった
    「 ばかぁ春田のばかぁ…」
    「誰がバカだって?」
    屋上の入り口を見ると春太が立っていた。
    「私を振ったじゃんなんで帰ってきたの…」
    「ごめんなこんなに泣かせて…」
    そう言って春太は私の涙を拭いた
    訳がわからなかった…
    「俺もさお前のこと好きだから、お前に好きだって言わせる俺が嫌になって何も言い返せなかった」
    「自分勝手なのはわかるけどもう一度俺から告白をさせてくれないか?」
    「わたしでいいの」
    「お前がいいんだ」
    春太から贈られた言葉は
    私を悲しみの涙から嬉しさの涙に変えてくれた。

    きゅん

    2

    m.sさんをフォロー

    通報する

  14. 「先生、好き!!」
    「うんうんありがとー」

    49回目の告白も見事に撃沈。

    「そんな適当にあしらわないで下さいよー。傷つくなあ」

    なんて。先生にちょっとでも振り向いて欲しくて思ってもないことを言ってみる。

    「…………嘘だな」
    「バレちゃった。もーっ先生つまんない!教室帰ろーと」

    こんな些細な会話を毎日続けている。そろそろ変化が欲しい、、、なんて思ったり…。

    そんなことを考えながら帰ろうとすると、机に置いてあった紙で手を切ってしまった。

    「いたっ…」

    ふと出た言葉が2人きりの職員室に響いた。

    「…怪我したのか?!見せてみろ」
    「せ、先生…?こんなの大したことないですよ?」

    食べていたパンを置いて駆け寄ってきた先生に驚く私。


    ── 50回目の告白はどうなるのかな。

    きゅん

    4

    五条らんなさんをフォロー

    通報する

  15. 呼び出したのは私から。今日こそ告白するんだ、って意気込んでたのに。

    「何でいないの!?」

    時間になっても全然姿を見せない彼にイライラが募る。…もしかしてすっぽかされた?呼び出しとか、いかにも告白するって感じだったかな…。そういうの面倒だったかな…

    「…早く来てよ…」
    「あははッ」

    …!?

    「えっ、先生!?」
    「おー」

    姿は見えないのに声だけ聞こえて。周りを見渡してもどこにもいない。

    「ど、どこ!?」
    「…」
    「ちょっと!出て…」
    「こーこ」

    甘い香水の匂い。ぎゅっと抱きしめられた背中から伝わる体温に嬉しさとドキドキとほっとした気持ちがない交ぜになる。

    「なんで」
    「上から見てた」

    あ、2階の窓か。いやそうじゃない!

    「百面相してたからさ。面白くて」
    「…嬉しくな」
    「嘘。かわいいね、お前」

    心臓が爆発しそうなほど高鳴って。あぁこれが恋なんだ、って改めて思ったんだ。

    きゅん

    4

    夏目ゆきさんをフォロー

    通報する

  16. 「ごめん、ゆい。俺の気くばりがたりなかった」

     成瀬君が告げた言葉はまったく意外《いがい》だった。
     何と、頭を下げ、素直《すなお》にあやまってくれたのだ。

    「分かってくれればいいよ。でも相変わらず私の事は、三島《みしま》じゃなく、ゆいと呼ぶんだね」

    「ああ、俺は、ゆいと呼びたい。代わりにお前も俺の事、ゆうまって、呼んでかまわないから」

     はあ?
     ゆうまと呼べ?

     またいきなり、何言ってるの、この人。

    「いやいや、ゆうまとか呼び捨てなんて、ヤバイよ。成瀬君のファンに、ぶっとばされたくないから、やめとく」

    「何だよ、それ」

    「事実《じじつ》じゃん」

    「でもさ、ゆい」

    「|何《なに》?」

    「はっきり言うよ。お前は俺の|特別《とくべつ》だって。一緒にいると気持ちがやすらぐんだ」

    きゅん

    1

    東導 号さんをフォロー

    通報する

  17. 一生懸命作ったクッキー



      春名が好きなウサギの顔に

      アイシングしたもの。




      メッセージカードを書くだけで

      3時間もかかってしまった。





      俺は何食わぬ顔で

      教室の自分の席に座り。



      雑誌をペラペラめくる。





     「尊(みこと)、オハ~」




     「かなたぁぁぁ……

      俺、春名の机の中に

      ラブレター入れちゃった!」




     「へたれライオンの

      みこと君にしては、上出来!」





      親友の奏多に、肩を叩かれて。



      ホッとした……

      のに……




      とんでもない過ちに、気づいてしまった!!
     





      「ラブレターに

       自分の名前、書き忘れたぁぁぁぁぁ!」






      すっげー勇気をふりしぼったのに……


      俺って、マジでダメダメすぎ……

    きゅん

    2

    秋風さらさんをフォロー

    通報する

  18. 僕...君のこと好きなんだ
    返事はあとでいいよ。
    振られるかもしれないし。

    「ごめん」待った?
    返事くれる?

    えっ ほんとに
    すっごいうれしい
    今日からよろしくね チュッ

    きゅん

    0

    くまみうさんをフォロー

    通報する

  19. 私、結衣は幼馴染みの冬夜に呼び出れている?...のかな?


    教室に行くともう冬夜は先に待っていた



    「冬夜、どうしたの?」


    「この前、結衣俺にチョコくれただろ?」


    「うん。それがどうしたの」


    「その代わりに俺と付き合え
    言っとくけどお前に拒否権ねぇから」

    頭がフリーズした。だって冬夜が


    それに告白なのかな?


    「それって私のこと好きってこと?」


    「うん。そうだけど?
    子供の頃から大好きだけど」


    嬉しい。
    ずっと片想いだと思ってたのにまさか

    両想いだったなんて

    「うん。私も好きだよ
    冬夜のことが」

    「じゃあ、これからはお前は俺のもんな」


    そういうと冬夜は
    私をもう離さないとでも言うように力強く抱きしめた

    きゅん

    1

    majo#さんをフォロー

    通報する

  20. 「俺じゃダメなわけ?」

    自分の席に座り
    綺麗な瞳から、目が離せない私。

    「ホワイトデーの時の返事
     まだ聞いてないんだけど」

    私の前に立ち
    机に両手をついた琉衣君の顔が
    キスされそうなほど近くに迫ってきて。


    ――顔面偏差値、高すぎ///

    熱を帯びた顔を隠したくて
    私はうつむいた。


    「えっと…」

    ホワイトデー 
    琉衣君に告白されたけど

    まだ信じられないというか…

    嘘としか思えないというか…


    「じゃあ、もう一度言ってやるよ」

    ひゃっ? ここで? 

    クラスのみんなの視線が
    私達に突き刺さっているから、やめて!


    「る…琉衣くん。屋上に行こ」

    「なんで?」

    「みんなに見られてるから!」

    「他の男たちが、オマエのことを諦めるように
     見せつけてるんだけど」

    なっ…何それ?


    「オマエのこと
     可愛く見えてしょうがないからさ」

    「…」

    「俺の彼女になって」

    きゅん

    1

    秋風さらさんをフォロー

    通報する

  21. 去年のバレンタイン。

    幼なじみのロッカーに
    手作りクッキーを忍ばせたのに

    お返しも、食べた感想もなし。


    「杏奈、帰ろーぜ」

    今も、友達止まりのまま。


    クッキーに書いた『好き』の返事。

    それだけでも、くれればいいのに…


    「紅真、一人で帰って」

    「用事でもあるわけ?」

    「…ないけど」

    ホワイトデーの今日は
    紅真と一緒にいたくないの。


    「杏奈、まだ俺を待たせる気かよ?」

    「だから、一人で帰ってってば」

    「そうじゃなくて」

    ん?

    「去年のバレンタインの次の日。
     オマエに借りた歴史の教科書に
     書いてあったろ?」

    「何を?」

    「……俺の気持ち」

    へ?


    「なんて、書いてくれたの?」

    「俺の彼女になったら、すっげー溺愛するけど。
     それでもいいの?って///」

    全然気づかなかったよぉ。


    「で、返事は?」

    もちろん。
    紅真に、溺愛して欲しい///

    きゅん

    0

    秋風さらさんをフォロー

    通報する

▲