ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 19571件ヒットしました

  2. 2月14日、朝。通学路。

    バレンタイン、、、
    私はこれにいい思いをしたことがない。
    流行りだしたのは小学校時代だったと思う。好きな男の子を放課後に呼び出して、チョコを渡す。
    私もやってみようと、当時クラスメイトで人気だった子にあげた。本気の本命チョコだったけれど、あっさり振られてしまった。
    それ以来、怖くてチョコを渡せなくなった。たとえ義理であっても。

    気づけば私も高校一年生。
    流石に寂しくなってくる。この機会に私も勇気を、、、いや、無理だ。
    「おーい! リナー! 」
    後ろから声がする。幼馴染のケンジだ。
    「あ、おはようケンジ」
    「おう」
    彼は並んで歩き出す。

    小さい頃と比べて、背が高く、肩幅も広くなった。そういう意識はしてこないようにしてきたけど、私は、ケンジが好きなんだと感じた。
    「ねえ、チョコは? 」
    「は? 」
    「だから、チョコ」

    ああ、何年も君は待ってたんだね。

    きゅん

    4

    卯月ユウトさんをフォロー

    通報する

  3. 私は階段から落ちた骨折熱で
    失語症になってしまったのである
    暫く声は出なかったが
    久しぶりに出たら
    いい声だねと言われドキッとした

    きゅん

    3

    芋の竜子さんをフォロー

    通報する

  4. 2月14日。

    去年のこの日、私に彼氏ができた。

    付き合って丁度1年である今日。

    チョコが入った箱を握りしめて、放課後の誰もいない教室で部活をしている彼を待っていると…

    ガラッ

    「悪りぃ。待たせた」

    彼が教室に入って来た。

    「ぜ、全然大丈夫!」

    緊張しているのか少し声が上ずってしまう。

    「…ん。じゃ、帰るか」

    そう言うなり、再びドアの方へ歩いていく彼。

    「ちょ、ちょっと待って!」

    慌てて呼び止めて、私は彼の前へ回り込んだ。

    「…何」

    今日が何の日か、わかっているでしょう?

    あんなに沢山渡されてたくせに。

    「こ、これ…受け取ってくれる?」

    そう言って、恐る恐る彼に箱を渡す。

    すると次の瞬間

    「えっ…ちょっ」

    グイッと腕を引っ張られたかと思うと、気づけば私は彼の腕の中にいた。

    「…ったく、おせぇんだよ」

    今年も、とても幸せなバレンタインになりました。

    きゅん

    9

    *瀬凪*さんをフォロー

    通報する

  5. 放課後、私は下駄箱の前に立っていた。
    手にはチョコがある。
    今日こそは告白するぞ、と気合を入れたものの勇気が出ない。
    やっぱりやめておこうか、と考えていたら後ろから声をかけられた。
    「何してるの?」
    振り返るとそこには意中の彼がいた。
    咄嗟にチョコを背中に隠す。
    「それチョコだよね。誰にあげるの?」
    彼は私が隠したものを指差して言った。
    いっその事覚悟を決めて今言ってしまおう。
    そう思い彼にチョコを差し出す。
    「誰かに渡すんじゃないの?」
    「だからはい」
    「俺に?」
    「うん」
    少しの沈黙の後、彼が口を開いた。
    「期待してもいい?」
    「何をでしょうか」
    思わず敬語になってしまう。
    「だから、本命だと思っても良い?」
    直接的な問いに顔が熱くなる。
    「はい」
    またもや沈黙が訪れる。
    恥ずかしくて俯いていると突然何かに引き寄せられた。
    驚いて顔を上げると近くに彼の顔があった。

    「俺も好きです」

    きゅん

    7

    小桜凛子さんをフォロー

    通報する

  6. 「今年はあげよう...」
    毎年毎年幼なじみにチョコをあげようとしても勇気がでず、渡せないまま3年たっていた

    「おい。帰るぞ」

    「あっ...う、うん」

    やばい。緊張してきた...
    どうやって言おう...どうせ他の人からも貰ってるだろうし迷惑かな..

    そんなことを考えて下駄箱の前で立ち止まっまてた

    「おい、どうした?」

    でも、せっかくここまできたし...
    「あ、あのさ!今日バレンタインじゃん?
    から、作ってきたんだよね....はい」

    そう言って作ったチョコを渡すと驚いた顔して

    「これ...俺に?」

    「うんっ。せっかく作ったからちゃんと食べてね」

    「ありがと...めちゃくちゃ嬉しい」

    そう言った彼はすごく嬉しそうな顔をして受け取った

    私は少しからかって
    「何?そんなに嬉しかった?」
    そう聞くと

    「...好きな奴から貰って嬉しくないやつなんていなくね..?」

    きゅん

    63

    み れ み なさんをフォロー

    通報する

  7. 「〜〜であるからして〜」

    今日は大好きなあの人にバレンタインチョコを渡すつもりだった。お昼までに…。
    なのに今は6時間目。
    よし、この授業終わったら頑張る!

    -------キーンコーンカーンコーン

    私「ねぇ!ちょっといいかな、、」

    みんな帰って静かな廊下に響いた。

    好きな人「ん?どうかした?」

    心臓が相手に聞こえるんじゃないかってほどドキドキいってる。

    私「これ…バレンタインだから、その、わたしたくてっ……」

    真っ赤になって行くのが分かるほど顔が熱い。

    好「俺に?うれしい、ありがとう。クスッ。顔、トマトみたいに真っ赤だよ。じゃあ俺もバレンタインだから言っちゃおうかな…。」

    好「好きだよ。君のこと。」

    私「へ………?まって、もう1回、」

    好「クスッ。もう言わないっ。ほら。帰るよ。」

    きゅん

    2

    時雨**さんをフォロー

    通報する

  8. 「黒宮くーん!このチョコ、頑張って作ったんだ!もらって、くれる?」
    「私のチョコも、食べて!」
    「私も!」
    私が恋してしまった黒宮くんは、ものすごくモテる。根暗な私に立ち入る隙などない。

    (とか言って持ってきちゃってる私って…。もう放課後。渡せない。そうだよ。)
    言い聞かせても、思いは消えない。思わずため息を吐く。
    「何してんの?」
    「く、黒宮くん…」
    そんなとき、声をかけられた。周りには誰もいない。
    (チャンスじゃ…義理だって言えば…)
    「これ、チョコ。義理だけど、あげます。」
    「なんで敬語?ってか、マジ?」
    ぽかんと私の手の袋を見つめる。その意味がわからずぎこちなく頷くと、袋が受け取られた。
    「ありがと。」
    そう言って立ち去っていく。
    …嬉しいって聞こえたのも、頰が赤かったように見えたのも気のせいだろう。

    ハッピーエンドじゃない。だけど、ビターエンドはまだ来ていない。

    きゅん

    5

    落月ちろるさんをフォロー

    通報する

  9. 2月14日。


    ずっと好きだった幼馴染に、今日告白しようと思う。



    「お、お待たせ…」

    「…おう。」



    うぅっ///。
    相変わらずカッコイイ…。



    「あっ…」

    「えっ!?」



    突然、幼馴染の秋くんから抱きしめられてしまった。




    「ねぇ。お前のチョコは?」
    「秋くん。
    他の人にも貰ってるよね…」




    秋くんは、真っ赤に照れた顔をしてボソッと呟いた。




    「…本命じゃなきゃ
    意味ないし…」

    きゅん

    6

    星月 雫さんをフォロー

    通報する

  10. 通学中に出会った生徒に一目惚れした、ちょっとおっちょこちょいな女の子のお話。

    きゅん

    1

    天野月葉さんをフォロー

    通報する

  11. 2月14日。
    生徒会の仕事を終えて学校を出ると、もう外は真っ暗だった。
    今日は東条と付き合い始めて初めてのバレンタイン。
    一応鞄の中にチョコレートを忍ばせては来たけど、もうこんな時間じゃ溜まり場に着いたらすぐ東条も寝ちゃうだろうし、今日渡すのはもう無理かなあ。
    「おい」
    校門の前を通ると、そこには東条が一人、突っ立っていた。
    「と、東条、今日は遅くなるから迎えはいいって・・・・・・。ていうか、車で来たんじゃないの?」
    「うるせえ。帰るぞ」
    強引に私の手をつかんだその手は、酷く冷えていた。
    冷たい手なのにそれはどこか暖かい。胸がぎゅっと熱くなった。
    「東条、あの、これ・・・・・・」
    鞄からチョコを取り出して東条の胸に押しつける。
    東条は最初ちょっとびっくりした顔をしていたけど、その顔はすぐに柔らかく笑った。
    「待ってた」
    私の髪をくしゃっとなでて、その手はまた私の手と絡んだ。

    きゅん

    4

    ❄透白❄さんをフォロー

    通報する

  12. 「奈子!おはよ!」
    「おー!大河!おはよー!」
    少し寝癖がついている大河。
    そして……私の好きな人。
    今日はバレンタインデー。元々料理はしないから苦労して作ったカップケーキ。甘党だって聞いたから、甘めにしたの。受け取ってくれる?
    「なあ、奈子、俺、今年は1個しか要らないから。」
    え?急にそう言い出した大河。
    どういう意味か全く分からず首を傾げる。すると…………
    クシャッと、髪の撫でられ、
    「ばーか、お前のしかいらねえよ。俺のために徹夜したんだもんな?チョコ匂い纏わせすぎ」
    いたずらっ子のような顔で笑う大河。バレてたんだ。でもね大河?
    君の不意打ちな行動は、チョコより甘いよ?

    きゅん

    6

    鹿野原 芽子さんをフォロー

    通報する

  13. 「校内へのお菓子類の持ち込みは禁止されている」
    堅物で有名な生徒会長は、かわいらしい紙袋を片手に言った。私が徹夜で作ったチョコをその一言で没収され、怒り心頭で堅物男の胸ぐらを掴んだ。
    「ちょっと返しなさいよ私が頑張って作ったチョコレートたちを!!」
    「お前はバカなのか。上手く隠して入ればいいものを、何で見えるようにして持ってくるんだ」
    えっ、と周囲を見ると、チャックの付いた手提げバッグを持っている人が複数いる中、開けっ放しの紙袋の人は誰もいない。頭上からハァとため息が落ちる。
    「こっちも目にしたからには見て見ぬふりはできないんだ」
    「…あんたのも入ってるんだけど」
    ピク、と会長のペンを持つ手がとまる。会長は顔を寄せ、私にだけ聞こえる声で囁いた。
    「放課後、生徒会室まで取りに来い」
    生徒会室ってあんたのテリトリーじゃん、と赤い顔で睨むと、俺のために頑張ってくれたみたいだからなと小さく笑った。

    きゅん

    6

    Meicoさんをフォロー

    通報する

  14. 男子達と一緒に騒いでる龍が私の方に近づいてくる。

    「なぁ、お前は俺にチョコくれないの?」

    なによ、この間元カノがチョコくれるって言ってるんだけどどうしたらいい?って言われてシャーペン投げてからずっと無視してきたくせに。

    「なんであげなきゃいけないの。彼女でもないんだし」

    龍と私は友達以上恋人未満の関係。そして、片思い中。

    「だって欲しいじゃん?じゃぁ元カノから貰っていい?」

    「勝手にすればいいじゃん!なんでうちに聞くの」

    そう聞くとふざけてた彼の顔がいつになく真剣になる。

    「お前が嫌なことしたくねーし」

    「え?」

    「俺、今年お前からしかチョコ貰う気ないからよろしく」

    「え?元カノのは?」

    「断った」

    「な、んで?」

    彼は大きくため息をつく

    「お前が好きなんだよ。鈍感」

    そういった彼はチョコ待ってるからと言って教室を去っていった

    きゅん

    18

    ぺたんぬさんをフォロー

    通報する

  15. 「なんで、お前と一緒にチョコ作んないといけないわけ?お前なんでチョコ作るの?」


    「チョコ、作りたいから。」


    私も作ってみたいな。それで舞桜くんに教えてもらおうとしたんだけど、何故かずっと不機嫌だ。


    「誰に渡すわけ?お前、友達いねーじゃん」


    「いないね」


    ますます、不機嫌になる。そりゃ、友達いないのにチョコ作るの、変かもしれないけど。


    「男子にやるんだろ……?あいつらに。イヤだね」


    そう言って後ろから抱きつかれる。


    「お前のはダメ、義理もナシ。お前のチョコ、俺だけのだし。」


    「え、いや、自分用だけど」


    舞桜くんは顔を真っ赤にする。


    「先に言えよ」

    「理不尽!」


    「お前のせいで……ほんっと焦る。」


    彼は真っ赤な顔を私の首に埋めた。


    「しばらく、逃がしてやんない。」

    きゅん

    9

    青山澪さんをフォロー

    通報する

  16. ある日のお昼休み。

    私と蒼空(そら)くんはいつものように屋上でご飯を食べていた。

    私の彼氏、宮本蒼空は教室や皆がいる前では

    「お前はバカだな」

    「おい、チビ」

    とか毒舌な事しか言わない。

    だけど、2人っきりになると

    「晴空(そら)」

    「ん?…っ!!」

    名前を呼ばれて彼の方を向いたらキスをしてきた。

    「ちょ、ちょっと!ここ学校!」

    「別に誰も来ねぇから大丈夫」

    そうね…

    ってそういう問題じゃない!!

    私はいきなりの出来事に顔を赤くしながら蒼空くんを少し睨む。

    「それ、俺を誘ってる?

    いいだろ、今から甘い事しようか」



    なんて、私だけの前では意地悪して甘い事しちゃう蒼空くん。

    もう私の心はドキドキしっぱなしだよ!!

    きゅん

    8

    ゆうとりさんをフォロー

    通報する

  17. 「あー…ほんと行きたくねえ」


    手を繋いで隣を歩く彼は、心底だるそうだ。
    今日は始業式。だらだらしていたツケが回ってきてる。


    「同じクラスでもねーし…ひなたの顔見れなくなるだけで無理」


    さらっと甘い言葉を吐く彼。
    そんな彼に、私はいちいちドキドキする。


    「…私だって、寂しいし」


    彼に応えるように、私もそう言ってぎゅっと手に力を込める。
    それに対して彼は歩くのを止めて、こちらを見た。


    優しい瞳が、私をいっぱいにする。


    「そんなこと言われたら、離したくなくなる…」
    「ゆ、悠月?…んっ」


    言葉とともに降ってきたのは甘いキス。
    触れるだけの軽いキスに、顔が火照る。


    「ゆ、悠月!こんな、道端で…!」
    「…可愛いひなたが悪いよ」


    ふっと、さっきと変わって意地悪そうに笑う君の溺愛から、私は逃れられそうもないです。

    きゅん

    12

    南 菜乃さんをフォロー

    通報する

  18. 「ひなたは何お願いしたの?」
    「えっと…これって言っていいんだっけ?」

    大好きな彼と、初詣の帰り。
    その質問には答えていいものか…こういうのって、人に言ってもいいんだっけ。

    ていうかそれがなくたっていうのは恥ずかしい。
    だって、私の願い事って…。

    「いいよ。むしろ俺が叶えてやる」

    さらっと言って、にこりと笑う。
    私は悠月のその笑顔に、弱い。

    「…悠月と今年もずっと笑っていられますように、って…」

    言ってからやっぱいわなきゃよかったと後悔。
    だって恥ずかしすぎるよ。
    恥ずかしくて思わず下を向いちゃったけど、悠月の手が私のほっぺを掴んで上を向かせられてしまった。

    悠月と目が、合う。

    「…かわい。でも、まだまだ足りない」
    「え」
    「…俺は、『ひなたと一生ずっといられますように』ってお願いしたし」
    「…っ!?」

    ふっと優しく笑った彼に、
    私は一生甘く愛されちゃう予感がします。

    きゅん

    9

    南 菜乃さんをフォロー

    通報する

  19. 『真面目くんがネクタイを緩める時』

    ある日の放課後、私は一人の男子に呼び出されていた。

    好きです、付き合って下さいという言葉にはすぐにOKしてきた私。
    それでも今は、大切な人がいるから

    「ごめんなさい、好きな人がいるの」

    しっかりとそうやって答えられるー。

    「また呼び出しですか?」
    「梶!」
    「困ったものですね、胡桃さんは僕のものなのに」

    真面目で地味な梶は、私の好きな人。
    だけど…。

    「ああいうチャラチャラしたのが好みなら」

    しゅるー。

    「僕も胡桃さんのタイプになりますよ?」

    彼はネクタイを緩めと真面目くんじゃなくなってしまう。

    「ねぇ、胡桃。見せつけてやろうか?みんなに、胡桃さんは僕のだって」
    「ちょ…梶っんん。」

    強引で私のことを胡桃って呼ぶ、真面目くんじゃない彼

    そんな彼も大好きなんです。

    きゅん

    223

    cheeeryさんをフォロー

    通報する

  20. 中庭の隅っこのベンチに、体操座りで座る私はため息をつく
    「チョコ苦手とか…
    もっと早く知りたかった」
    クラスのイケてる女子たちが男子に義理チョコを配っていたが、匠は一人それを断っていた
    今持っているこのチョコは、その匠にあげるために作ってきたもの
    「無駄になったなー
    お父さんにあげるか」
    「なんで?」
    ため息をついてベンチにあげていた足を下ろし、帰ろうとした時後ろから声が聞こえて驚いて振り向く
    「たっ、くみ?!」
    驚きすぎて変な声が出た
    そんな私に匠は笑う
    「なあ。それくれねぇの?」
    「え、チョコ苦手なんでしょ?!
    あってか別にあんたにあげるなんて」
    「それはそれ。これはこれ」
    匠は私の言葉を最後まで聞かずチョコを取り上げて一つ口に放る
    「…うん。あっまい」
    苦手なはずのチョコを嬉しそうに食べる匠
    渡すときに言おうと予行演習までした言葉は全部飛んでった
    「…好きだバカ」
    「ん、知ってる」

    きゅん

    1

    芳賀 伊織さんをフォロー

    通報する

  21. 今日2月14日、バレンタインの日。

    「おーい、帰らないのか?」
    「…今から帰るよ。」
    今話してきたのは、幼馴染の奏。
    私が密かに片思いしてる人…

    きゅん

    3

    藺雨さんをフォロー

    通報する

▲