ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 冬は面倒くさい。

    クリスマスがあって誕生日があってバレンタインがある。

    コクられる回数が増える。

    プレゼント押しつけられたり。


    「悪いけど迷惑」


    この冬、何人目?

    もう忘れた。

    泣いて走っていったあの女子、あんたの友達だったんだ?


    「あんな言い方……」


    「興味ない相手にコクられても迷惑。

    興味ある相手なら違うけど」


    あんただけ特別。

    そのくらい、わかってるよね?


    「興味ある相手って……?」


    バカ、何で声が震えてるわけ?

    もっと言わなきゃわかんない?


    「おれの許容範囲、1人ぶんだ。

    その代わり、1人だけ全部独占する。

    クリスマスとおれの誕生日とバレンタイン。

    あんたはおれ以外の予定入れるな」


    「え……?」


    「返事は?」


    「……うん」


    半分だけ言った。

    残り半分は後で言うよ。

    好き、って。

    この冬、必ずあんたに伝える。

    きゅん

    29

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲