ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 枕元のスマホに起こされた。

    おれはベッドの中で電話に出る。


    「もしもし?」


    〈もしもし!

    今、学校から帰ってるとこだよ。

    そっちは何時?〉


    「夜中の4時」


    〈嘘っ、そんなに時差あったっけ!?〉


    おまえさ、ほんとにおれのこと好きなの?

    彼氏の留学先の時差くらい、基本情報だろ。


    「起こされた」


    〈ごめんっ!〉


    「別にいいけど。

    昨日、友達とバスケやって遊んだから、SNSに写真上げた」


    〈見た見た!

    元気そうな顔を見たら、電話したくなっちゃって〉


    かわいいこと言う。

    無料SNSの通話機能は、国境を超えてもやっぱり無料で。

    声が聞きたくなったら、すぐに聞ける。

    スマホの向こうで、夕方5時の町内放送が鳴った。


    「なつかしー」


    〈……あたしは、寂しー〉


    「帰ったら1年ぶん抱きしめる。

    おまえしかいないんだよ。

    好き……大好きだ」

    きゅん

    73

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲