ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「JKってのも大変だな」

     大変だな、なんて言いながら
     心配するどころか笑っているこの男は
     どっから見てもイケメンな教師なのだが。

     その容姿で女生徒をたぶらかしていると、もっぱらの噂だったりする。

    「……助けていただき、ありがとうございました」
    「どういたしまして」
    「では、失礼します」
    「待てよ。助けてやったのに、それだけか?」

     たしかに、男子たちからしつこく誘われ、ふりきれずにいたところに先生がきて助かったよ?

     だけど、先生に捕まれば、それはそれで迷惑だ。

    「言いましたよね。ありがとうございますって」
    「付き合え」
    「はい?」
    「授業で使うプリントのコピー」
    「……そういうことですか。わかりました」
    「期待した?」
    「は?」
    「俺の恋人になりたかった?」
    「……!? ば、バカなんですか」

     なんでそうなんの。

    「はは。焦ってやんの。お前……可愛いとこあるな?」

    きゅん

    18

    犬甘さんをフォロー

    通報する

▲