ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 周りから聞こえた、いつもの悪口に、何故か今日は耐えられなかった。

    溢れてくる涙を隠すように、優雅が抱きしめてくれた。

    「こうすれば、俺にも、誰にも見えませんよ」

    優雅の新たな一面に触れた気がして、その優しさに甘えて、たくさん泣いた。

    きゅん

    2

    舞月桜花さんをフォロー

    通報する

▲