ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 5件ヒットしました

  2. 私は買い物が終わり、帰っていると不意に見覚えのある人を見かけた。
    あれは…「もしかして絢斗君?」
    顔は彼だった。
    けれど、服装が…まさに不良そのもの。
    着崩している上に何かジャラジャラしたものがついている。
    すると目があってしまった。
    !?
    し、しまった…声に出てた?!
    「おい、お前こいよ!」
    私は絢斗君に強引に腕を掴まれる。
    そして人気のない場所へと連れて行かれる。
    「あ、絢斗君…?」
    「今日見たものはすべて忘れろ。もちろん、俺のこともだ。」
    そう言われても、インパクトが強すぎて…
    私が黙り込んでいるとチッと舌打ちをしてドンっと壁に私の身体を押し付けた。
    「ふぇっ?!」
    突然のことで頭の中が混乱状態に陥る。
    こ、こんな強引な人でしたっけぇぇ?!
    絢斗君は私の耳元へ口を近づけ「じゃないと、このまま……」
    //////////!
    予想外と言葉に私は顔を赤らめる。

    続きは本編で!!

    きゅん

    2

    葉山はづきさんをフォロー

    通報する

  3. 毎日の通勤電車。
    ラッシュ時は本当に嫌になる。
    電車を待っていると、プーッという音と共に、電車が一気にホームへとやってきた。
    一プシュー一
    電車のドアが開くと、中からたくさんの人が降りてきた。
    勢いよく出てきたサラリーマンが、ドンッとぶつかったかと思えば、私の体がバランスを崩す。
    「あっ…」
    フラッと倒れそうになった体がふわりと支えられた。
    「大丈夫?」
    「あっ、はい。ありがとうございます」
    すぐに支えられていた体は解放され、心配そうに問いかけられた言葉に、お礼を伝えて顔を上げた。
    「気をつけてね」
    「はい」
    優しい顔でそれだけ言うと、その人は行ってしまった。

    一週間後
    ホームで見つけた彼の姿…
    私はゆっくり近づいていく。
    「あの…」
    「おはよう」
    「おはようございます」
    「オレは山口貴也。君の名前は?」
    「斎藤優里です」
    「優里ちゃん、よろしくね」
    「はい」
    お互いに笑顔で隣に並んだ。

    きゅん

    1

    syotime04さんをフォロー

    通報する

  4. あなたは、運命の赤い糸を信じますか?






    春。入学式 1年生になったばかりの教室で出会った龍と玲音。

    お互いに惹かれていく玲音と幼なじみを忘れることが出来ない龍。

    そんな時、玲音の婚約者が現れ、2人の恋を邪魔してくる。

    2人の恋の行方は?

    そして、2人に訪れる悲劇とは…

    きゅん

    2

    aCiElさんをフォロー

    通報する

  5. 私は、放課後いつも玄関先で出会う
    一際目立つ” 彼 ”の事が気になって仕方がない。

    きゅん

    0

    神坂 麗さんをフォロー

    通報する

  6. 「さいってーっ‼︎」
    教室から女の人が出てきた
    (なんなの?!さっきの…この教室に用があるから来たけど…はぁ)
    「失礼します」
    「…?!何の用?」
    教室には、頬の赤い先輩がいた
    「あっ、先生に頼まれてプリント置きに…」
    全てを察した私であった。
    「ふーん、そーなんだ」
    「では、これで」
    「まってよさっきのきいてたんでしょ」
    (ばれてる)
    「この事誰かに言ったら、分かるよね?」
    「離して下さい」
    「信用出来ない」
    いらっ
    「面倒くさいから振られるんですよ」
    あっ…
    「よくそんな事言えるよねだいたいさっきの子だって自分から誘ってきた癖にいきなり叫びだすし」
    半泣き状態の先輩
    「…泣かないでください」
    「なっ泣いてないし、大体君こそ用がないなら帰れば」
    「先輩が裾引っ張って帰れません」
    「うっうるさいな」
    「先輩…可愛いですね」
    「なっ///」

    きゅん

    22

    ヰヌの助さんをフォロー

    通報する

▲