ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 24件ヒットしました

  2. 「圭くん…?」


    なんで君が、ここにいるの?

    全然変わってない。

    同じマンションに住んでいた幼なじみ。
    ある日突然いなくなった幼なじみ。

    ねぇ、なんで今ここに?


    「菜乃…」


    あの頃よりも低くなった声で、私を呼ぶ。


    「久しぶり、菜乃」
    「うん…」


    …なんて、ぎこちないんだろう。


    「あのさ」


    しばらく続いていた沈黙を破り、圭くんが口を開く。


    「…俺、昔から菜乃のこと、好きだったんだ」
    「えっ…」


    突然の告白。
    戸惑う。あれ。違う、それよりも。


    「本当?」
    「あぁ本当だよ、じゃなかったらここに来てないから」


    嬉しかったんだ。
    だって私も、ずっとずっと大好きで忘れられなかったから。

    静かに、圭くんにぎゅっと体を預ける。


    「もうどこにいかないで…」

    きゅん

    13

    南 菜乃さんをフォロー

    通報する

  3. 今日は、北高の入学式。

    私、原田加奈は、高校1年生♪


    親友の、"芹沢あや"と一緒です!


    紺色のブレザーとチェックの赤い

    スカート!

    北高の制服はすご〜くかわいいの♡


    ほんとに夢みたいw


    『おーい!かな!!浮かれすぎw


    置いてくよ。』


    「あ!まってまって!


    置いてかないで!!!」


    『もおー、仕方ないんだからw


    クラス見に行くよ!」


    そう言って私達は、走って行った。


    『……な!かな!!聞いてる??


    私達1-Aだよ!!』


    「やったー!あやと一緒!!」


    そんな喜びも一瞬で消えてしまった


    女「陸く〜んだー!かっこい♡」

    女『まじで、最高じゃん!!』

    見た目は、イケメンだけど中身は

    最低男の兵藤陸と再会してしまった

    きゅん

    7

    Nana*♡さんをフォロー

    通報する

  4. 私は一つ上の慶先輩が好き。
    でも、先輩が卒業してから一度も会ってない。否、会えない…
    ある日家族と夜ご飯を食べに行った時、思わない人に会った。
    そう、慶先輩に。
    「あっ」「あっあ!」
    家族に誰と聞かれて焦ったけど学校の先輩と伝えた。
    その後私達が先にレストランを出たため、後からメールした。
    会うなんて思わなかったのでびっくりしましたよーww
    俺もびっくりしたww家族と来てたんだね
    はい、先輩を見れて良かったです!ww
    全然会えなくてゴメンな、メールじゃ悪いけど、好きだから付き合って?
    私もずっと慶先輩が好きでした(´;ω;`)ウッ…
    今度の休み明けとけよな?会えなかった分一緒に居よう?
    はい!もちろんです!
    じゃまた
    おやすみなさい
    それから数日後、思わぬ再会からまた先輩に会えるようになりました♡

    きゅん

    10

    comet☆彡さんをフォロー

    通報する

  5. まさかこんな風に再会できるなんて。
    「転校してきました佐藤匠です」
    幼稚園から小学校二年まで毎日遊んだ幼なじみのたくちゃんが、大人になってかえってきた。
    「私のこと覚えてる?」
    休み時間に声をかけた。
    「あ?知らね」ぶっきらぼうにそう言ったたくちゃんは、私の知らないたくちゃんだった。
    「そっか」
    優しくておもしろいたくちゃんは、クールなイケメンに成長していて女子に囲まれてすっかり人気者。
    放課後、忘れ物を取りに教室にいくと、たくちゃんがいた。
    「お前が待ってるって言うからこの高校にしたんだけど」
    「たくちゃん、覚えてたの?」
    「たくちゃんって呼ぶのはふたりのときだけにしろ、バーカ」
    懐かしい笑顔で私を見たたくちゃんは、私の初恋のたくちゃんのままだった。

    きゅん

    45

    reYさんをフォロー

    通報する

▲