ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「バドミントン部でーす!よろしくお願いしま〜す!」
    「あれ?悠くん?」
    「お!那津じゃん!うちの高校受かったんだ!」
    「はい!何してるんですか?」
    「見ての通り勧誘だよ。あ!そうだ那津!バド部入れよ〜!」
    「ええっ!?嫌ですよ!私、運動嫌いですし!」
    「亜樹の妹だろ〜?大丈夫だって〜」
    「えぇ…」
    「んん〜…じゃあ、那津が入ったら俺が付きっきりで教えたる!」
    「え〜…」
    「ん〜〜じゃあ、那津が入ったら…デートしたげる!」
    「え〜…」
    「……どうしても入らない…?」
    「えぇ…っと…」
    「……俺…那津がいたら今の100倍、部活頑張れるんだけどなぁ」
    「…そんなに入ってほしいんですか?」

    「……だって。好きな人と一緒に部活したいじゃん?」

    「……え?」

    …私、サラッと告白された感じ?

    「付きっきりで教えるしデートもするから入って欲しいな…」


    「……プラス付き合ってくれたら入りますっ」

    きゅん

    3

    氷高 ノアさんをフォロー

    通報する

▲