ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「華ー、おはよう」

    あたしの初恋は俺様御曹司の響。

    「……っん」

    朝はおはようのキスをする。

    「今日も可愛い反応…」

    「響だからだよ」

    もう一度、響の唇が触れる。

    「愛してる…」

    握られた手を離さないように、次はあたしから唇を重ねた。

    きゅん

    6

    春乃こまめさんをフォロー

    通報する

▲