ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 399件ヒットしました

  2. 【俺様な先輩と姫 シリーズ3】

    夏休みの部活中に怪我をした。

    付き添うと言って聞かなかった姫をなんとかなだめ、保健室に行く。

    身体を休めて窓の外を見ていた。

    …頑張ってんな、姫

    姫がこっちにきづいて手を振る。
    俺も小さく振り返す。

    すると、なぜかキョロキョロしだして
    「っ…」
    いきなり、腕で大きなハートを作る姫。

    俺は照れくさくて、わかったわかったと頷く。
    素っ気ない反応が気に障ったのか、むぅ…と怒っていて。

    仕方なく、手で小さくハートを作ると、
    姫は目を輝かせてはしゃぎ回り、また部活に戻っていった。

    それを見送って後ろを向いた俺は思わず座りこむ。

    「なんであんなに可愛いんだ…」

    痛みなんか消え去り、頭の中が姫だらけになる。

    心拍数がおかしい。

    「…お前は俺をどんだけ夢中にさせんだよ」

    しばし、姫の可愛さの余韻に浸っていた。

    きゅん

    3

    ユズアゲハさんをフォロー

    通報する

  3. 【俺様な先輩と姫 シリーズ2】

    「へへっ…逆チョコってやつ、もらっちゃいました!」
    悪びれもせず、彼氏の俺の前でデレデレしているのは、後輩の姫。

    「食うな」
    他の男からなんて、許さない。

    「えー、せっかく作ってくれたのにっ」
    「…俺を怒らせたいか?」

    「先輩、もしかして嫉妬しちゃってます?」
    挑発するんだな?
    「あっそ…帰る」
    「ちょ、私のチョコいらないんですか!?…愛情込めて作ったのに」
    なんて、ぷくっと顔を膨らませるから

    「先に、お前、食わせろ」
    抑えきれず、唇を奪う。

    「せ…んぱいっ…」
    姫のこんな顔、誰にも知られたくない。
    くそ。誰にチョコもらったんだよ…
    「どんどんモテやがって、…ムカつく」

    姫に出会って初めて知った。
    俺って独占欲、強いんだな…

    「お前の可愛さは俺のもの。
    お前の愛も俺のものだ。
    忘れんなよ?」

    きゅん

    8

    ユズアゲハさんをフォロー

    通報する

  4. 「先輩、私のこと、どれくらい好きですか?」
    「は?…普通」

    ガーン…と目に見えて残念そうな後輩の姫。

    「不公平です!」
    「なにが?」
    「私の愛を独り占めしておいて、先輩の愛はくれないんですか!?」

    …どこでそんな可愛い言葉覚えてくんだよ

    「先輩、聞いてます!?」
    こいつのキョリ感、絶対おかしい。

    「あー、限界」

    …グイッ

    「お前さ、学校で俺の平常心壊すなよ」
    「はい!?」
    「俺の愛、欲しいんだろ?」
    「っ…はい!」

    …ちゅ「先輩!?」

    …ちゅッ「ちょっ」

    …チュッ…チュッ「…っ…っ」

    抵抗しながらも真っ赤な姫。
    ヤベぇ…可愛いすぎて、止められる気しねぇ

    「こ、言葉もくれなきゃ嫌っ…」
    お前の涙目に弱いんだよ、俺は。

    「っ…好き」

    「へ?」

    「聞き逃すな。
    大好きに決まってんだろ、ばーか」

    こんなこと、一生、お前にしか言わねぇ

    きゅん

    7

    ユズアゲハさんをフォロー

    通報する

  5. 恋はこんなにもドキドキするものだとは思わなかった。
    高2の私(蘭)は同級生でイケメンの諒が認めたくないけど好きだ。友達の幼なじみで一緒に遊ぶうちにいつの間にか大切な人へ変わった。しかし、この思いは伝えたくない。怖いから。



    〜ある日の放課後〜
    いつも通り放課後に私と諒の友達含めた8人で人狼ゲーム中
    諒「お前人狼だろう。」
    蘭「なんで〜!いつも私ばっか疑うの笑」
    ・・・・・そんなこんなでみんなに笑われながらゲームが終わった。
    私と諒は最寄りの駅が近いため一緒に帰っている。
    〜帰り道〜
    諒「おい、蘭」
    蘭「ん?」
    諒「なんでいつもゲームで蘭ばっか疑ってるんだと思う?」
    蘭「え、そんなことわかんないよー笑」
    諒「ふふ。お前相変わらずばーか。そんなの決まってんじゃん。俺が蘭のことを好きだからよ」
    蘭「え、あ、う、・・・私も諒のこと・・・す、好きだよ」
    諒「んじゃあ、今から蘭は俺の彼女な」

    きゅん

    2

    "蘭"さんをフォロー

    通報する

  6. 彼らとの出会いが運命を変える

    ある日出会った彼らと過ごすうち
    俺様なやつに恋をした

    急に優しくなったり俺様になったり
    いつしか気になる存在に
    人生ではじめて恋

    この初恋は実るのか

    きゅん

    0

    BTSHSJLoveさんをフォロー

    通報する

  7. 「華ー、おはよう」

    あたしの初恋は俺様御曹司の響。

    「……っん」

    朝はおはようのキスをする。

    「今日も可愛い反応…」

    「響だからだよ」

    もう一度、響の唇が触れる。

    「愛してる…」

    握られた手を離さないように、次はあたしから唇を重ねた。

    きゅん

    6

    春乃こまめさんをフォロー

    通報する

  8. 「ひぇ〜!誰もいない夜の教室って、不気味ー」

    ゴンッ

    「ひぇ!?で、出たっ!?」

    「こんな時間に何してんだよ、由」

    「へっ!?か、奏人!?えっ、なんで!?」

    「ビビりすぎだろ。忘れもん取りに来ただけだっつーの」

    「あ、そ、そっか………。わ、私もね!忘れ物取りに来たんだ!」

    「怖いの苦手なくせに?」

    「あ、あはは………。でも、良かった。奏人が居なかったら、今頃怖すぎて動けなくなってたかも(笑)」

    「………ほんとに良かったのか?」

    「えっ?もちろん!」

    「お前、この状況わかってる?」

    「へ?」

    ドンッ

    「夜の学校で、彼女と二人きりになって何もしねぇやつ、いるわけねぇだろ?」

    「え、ちょっ!?かな、た………んっ………」

    「こんな危険な夜の学校に、一人で来た罰」

    「え………?あ、ちょっ………んっ………んんっ………」

    「今度は、俺を呼べよ」

    「は、ひ………」

    きゅん

    2

    ♬ TOMOKA ♬さんをフォロー

    通報する

  9. 部活後、部長である私は片付けをしている。
    ほんとはみんなでやるんだけど、みんな部活で作ったお菓子を運動部の男子に渡しに行く。
    だから、1人。

    …やっと終わった。
    お菓子残ってるし、でも、まだ来てないからなー。
    数分後、やっと達哉が来た。

    「片付け終わったか?」
    「やっと来た…」

    どんだけ待たせるの?
    それでいて次の言葉は、

    「今日は何作ったんだ?」

    謝罪は?!

    「今日はカップケーキだよ…」

    なによ!!お菓子お菓子って、
    少しは私に構ってよ…

    「構って欲しい?」
    「ッッ!?」

    な、何で……

    「ほら、お願いしねーと分かんねーよ。」

    うぅ///
    しょーが無い…

    「お、お願いします///」
    「はい、ごーかく。」

    …それから最終下校まで、甘い時間をすごいた。



    私は俺様彼氏様が大好きです。

    きゅん

    6

    ネコリスさんをフォロー

    通報する

  10. 「おい。花?
    そろそろ帰ろーぜ?」


    目の前には大好きな翔。
    でも莉々と言う女の子から
    翔の名前が出てきて
    私は挙動不審になってしまった。


    「う、うん!帰ろっか^^」


    無理な作り笑顔
    さすがに今の状態じゃ
    素で笑えないよ………


    「花?何があったか分かんねぇけど
    絶対溜め込むんじゃねぇよ?
    もうお前は1人じゃないんだからさ
    俺や龍蘭のみんなを信頼してやってくれ」


    その言葉に私は涙した
    良い仲間に巡り会えたんだなって
    改めて再確認したのだった。


    「ほら。泣くと目が腫れるぞ」



    そう言って翔は涙を拭ってくれて
    頭を優しくぽんぽんした。

    きゅん

    2

    VENUSさんをフォロー

    通報する

  11. 一生俺についてこい!

    きゅん

    0

    菅田 あきらさんをフォロー

    通報する

  12. お昼休み。

    あってまだ、1週間もたってないのにみんなは優しい。
    ずっとずっと仲間が欲しかった。
    親友が欲しかった。

    なんでも話せる仲間が。

    ポンポン
    急に撫でられる頭。
    「泣いてる。安心しな、俺らは離れない」

    頬を触ると濡れていた。
    「俺は、俺らはお前が必要なんだ。だからいつでも話聞くからな?」

    私は安心して眠りについた。
    その様子を見ながら5人のイケメンと美女が笑い合う。

    「この先どんな、試練があっても俺らは仲間だ。」

    そう、俺様な総長様が呟いた。


    続きは本編で!!!!!

    きゅん

    4

    ゆゆぺこさんをフォロー

    通報する

  13. 「何あの子」
    「俺の事好きなんだと」
    「何で抱き付かせたりすんの!」
    「可愛いから」
    「最低!」
    「うるせーな。だったら可愛くなってみろ」
    「むー。…どう?」
    「何だそれ」
    「上目遣い」
    「ぶす」
    「むっかー」
    「お前には一生無理」
    「それって私は一生可愛くなれないって事!?」
    「悔しいなら浮気されんくらい可愛くなってみろ」
    「浮気?」
    「そーだ」
    「今の…浮気なんだ」
    「?」
    「私が浮気『された』ってことは、本命は私だって認めるんだ?」
    「…お前」
    「へー、お前なんか女じゃないって言ってたのに」
    「…」
    「ふふー」
    「勝手に言ってろ」
    「私の事好きな癖に」
    「手を繋ぐな、手を」
    「やーだね」
    「調子にのんな」
    「のらせてんのはそっち」
    「一生言ってろ」

    笑いながら繋いだ手。
    彼から振りほどかれることは一度だってない。

    だから。

    やっぱり調子に乗らせているのはそっちの方だよ、ばーか。

    きゅん

    30

    望月双葉さんをフォロー

    通報する

  14. あ、やっと来た。約束より十分遅刻な。

    そこまで怒ってねーよ。

    なんで遅刻したんだ?

    先生からの呼び出し?お前人気者だな。

    うそうそ。お前の反応おもしれーんだよ。

    そんな怒るなって。

    え?なんの用で呼んだのか?

    俺が呼び出したら悪いか?

    まぁ…お前への大事な用事でな。

    ダンッ……__

    俺お前の事見て気に入ったんだよ。

    俺の彼女になれ。

    突然言われてもって俺は今お前しか見れねーんだよ。

    俺はお前が好きだ。だから…さ、俺と付き合えよ。

    真剣。超真剣だよこっちは。

    お前が嫌って言うなら俺は絶対オトしてみせるけどな。

    え?いいのか?本当に?

    ギュウッ……__

    あー……

    すげー緊張した。

    もしフラれたらどうしようかと思ってた。

    でも本当にお前しか見れてねーから。

    俺だって緊張すんだよ!悪いか?

    か、可愛いって…それはお前だからな。

    お前の事離さねーよ

    きゅん

    12

    レキナさんをフォロー

    通報する

  15. 舅–あーごめんね、何分待たせたかな?
    っと学校1モテ男に言われた
    楓–いや//あまり待ってませんよ!
    舅–そう?まぁ今から本題に移るわ
    楓–はい、
    舅–俺さぁ気づいたらお前の事が好きになってたんだ
    楓–え//(心の声 嬉しい)
    舅–だから俺と付き合え、あ、お前に拒否権無いから、
    楓–はい、こちらこそよろしくお願いします。
    っとその日から学校で注目さされるようになった。

    きゅん

    6

    Currybreadさんをフォロー

    通報する

  16. 夜に御免な。
    今日さ呼び出しした理由わかる??

    そう、俺はお前が好きなんだ、だからお前を一生をまもってみせる
    俺と付き合え、

    あ、お前に拒否件ねぇから

    きゅん

    5

    Currybreadさんをフォロー

    通報する

  17. 「ムカつく…。」

    私が睨み付けてるのは一つ上の彼氏。
    眼鏡喫茶の執事役を頼まれて只今接客中。

    「俺が食わせてやろうか?口移しで。」
    「きゃぁああ♡」

    たぶんイラついている私に気付いてやってる。そして更にエスカレートした彼の接客をもう見たくない私は飛び出して、屋台の人混みの中を宛もなく歩いていたその時。

    「愛沢美羽!!」

    声に振り返るとステージ上の蓮兄と目が合った。

    「何やってるのよ、もう…!」
    「おい待て、美羽!」

    私は大勢の視線に耐えられなり、走って逃げる。いつの間にか人気のないプール裏まで来ていた。

    「おい、なんで逃げんだよ!」
    「分かってるくせに!蓮兄なんか嫌いっ!」

    腕を引っ張られて抱き締められる。

    「拗ねるお前が可愛いかったから悪い。」
    「そんな言い方ずるい…。」
    「そんな事ねぇよ。俺はお前しか見てねぇから。」
    「もう…ばか。」

    そして優しく唇が重なる。

    きゅん

    40

    .*真梨恵*.さんをフォロー

    通報する

  18. (そんな顔すんなよ、
    もっといじめたくなる)

    きゅん

    5

    柊 レンさんをフォロー

    通報する

  19. 幼なじみの巧(タクミ)にもバカにされるくらい、私はツイてない。
    今日は何も無かったと思ったら、
    帰ってるところになって何故か不良どもに捕まっちゃった!

    「よく見たら、コイツ、可愛いじゃん?」
    「ちょっと来いよ。」
    「やめてください!私、急いでるんです!」
    「ああ?お前さっき、ダチと喋りながらのろのろ歩いてたよなあ?」

    うっ、よく見てる!

    「痛い目会いたくなかったら大人しく来いやあ!」
    ひとりが私の手をひねった。
    「痛っ、やめて!」

    誰か、助けて!!

    その時、


    「その女に手え出すんじゃねえよ。」


    「巧!」
    そして、抱き寄せられた。
    「俺の女だ。」
    何言ってんの?

    「なんだ先約済みかよ。」
    不良どもは、用はないと去ってった。

    と、私は壁に押さえつけられた。
    「あっ、あの、ありが「うぬぼれんな。」

    壁ドンされてる!

    「お前に近付く男が嫌いなだけだ。」
    「!!!」

    きゅん

    22

    柊 レンさんをフォロー

    通報する

  20. 「お前、今何時だと思ってる。」
    「ひっ、ごめんなさい!」

    またやっちゃった。
    放送委員の仕事、よく忘れるんだよねえ。
    その度に3年の委員長に怒られちゃう…。

    「先輩、あの…、どうしたら忘れなくなると思いますか?」

    突然、私は壁に押さえつけられた。
    「毎日13:05にここに来い。」
    「へ?」

    壁ドン!顔、めっちゃ近い!

    「この俺が、キスマーク付けてやる。」
    「!!」

    やめてよ、私好きな人いるのに!

    「それなら忘れないだろう?」

    きゅん

    16

    柊 レンさんをフォロー

    通報する

▲