ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「お前は、今しか俺んとこいないんだよな」
    切なげに瞳を揺らす彼は、いつもみたいにチャラチャラしていない。
    「え…?」
    屋上からの空は、どうしてか悲しそう。
    その時、
    ぐいっ。
    腕を引かれてバランスを崩せば、甘い香水の匂いに包まれる。
    「ちょ、」
    「今だけでいい。こうさせろ」
    「っ…」
    変だ。変だ変だ。いつもはこんな強引じゃない。
    …「おい」
    次の瞬間、屋上の扉が開き、彼が現れる。私の大好きな人。
    …片思いの幼馴染。
    「んにしてんだよ」
    片思いの彼の表情が険しくなる。
    「こいつ離せよ」
    好き。好きなはずなのに、気持ちが左右に揺れ動くのはなぜ?
    「ははっ。ほら、登場。やっぱ俺じゃダメだな」
    どうしてそんなに寂しそうなの…?隣の席で、いつもバカしてるなかじゃん…なのに…
    「行くぞ」
    強く腕を引かれる。普段ならどきっとするのに…今日だけは…
    「またな」
    小さく手を振るあいつが、頭から離れないよ。

    きゅん

    5

    DreamBigさんをフォロー

    通報する

▲