ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 手元にあるチョコを見つめてため息を漏らす。
    「最悪だあー」
    前の机に気怠そうに座ってるあいつに愚痴る。
    「あっそ」
    冷たく返してくる蓮は、なぜだか毎年バレンタインを一緒に過ごしている。
    「全然モテない」
    「知ってる」
    「はあー…」
    毎年蓮と同じ会話してるなあ。
    「あげる人いない…」
    「じゃあ作んなよ」
    もっともな返事を返してくるあいつは、すっと視線をわたしに移したかと思えば、
    「バカ」
    と、落ち込んでいる人にとんでもない言葉を放つ。
    「ひどい」
    「なに期待してんの。バカじゃねえの」
    「うるさい」
    「はあ…マジ疲れる」
    蓮は目にかかる前髪をクシャっと掻き上げる。
    「俺が貰う」
    「は?」
    「貸せよ」
    そういったかと思えば、わたしのチョコを取り上げる。
    「別に無理しなくー」
    「してねーよ」
    「え?」
    「なんで他の男に期待すんの」

    「俺がいんだろ」
    ギュッと抱きしめられる。
    「俺に期待しろよ」

    きゅん

    18

    DreamBigさんをフォロー

    通報する

▲