ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. ー休み時間中ー
    友達とメイクをしていた


    ────ペシッ


    「いったぁ!もー誰よ」


    後ろから急に叩かれた


    「こーらっ!学校にはいらないもの持ってきては行けないだろ」


    「あ、なーんだ先生か」


    「何がなーんだだ!ったく何回も注意してんのにこりないなー」


    でたっ先生の説教モード


    「あーもーうるさいなぁ。こっちはメイクでもしなきゃ彼氏とかできないの!」



    ────ムニッ


    「そんな事言う悪いお口はこれですか〜?」


    ほっぺを引っぱられた


    「痛い痛いって!もーはなして」


    あー痛かった。



    「全く、お前はそのままで充分魅力的でかわいいんだからメイクなんかする必要ないんだぞ」


    「………えっ」



    ────キーンコーンカーンコーン


    「おっ予鈴なったから教室戻れー授業始まるぞー」




    ………あ、あれっ?
    なんで私こんなにドキドキしてるの?

    きゅん

    3

    ホムクルさんをフォロー

    通報する

  3. 私は休み時間に本を読むのが好き…今もそう…

    「ねぇねぇあの子っていつも本ばかり読んでるよね?」

    「そうだね…いつも本ばかり読んでいてお友だちはあの有名な総長なんだよ!絶対なんか悪いことしているよね!」

    あぁーうるさいなぁ…ヒソヒソと…私はヒソヒソしゃべっている子達を少し睨んだ

    「あ!睨まれたよ怖ぁー」

    「最悪…もう廊下いこ?」

    「だねぇ~」

    と言いながら女の子達は廊下に行った

    「なぁ」



    「なぁ」



    「無視はひどくね?」

    ……さっきからしゃべっているこいつは女子がさっき話していた私の友達だ…総長になりやがって私に普通に話しかけてきて迷惑なのに!

    「……」

    ……あれ?いつもなら私がしゃべるまで「なぁ」って言ってくるのに今日はどうしたんだ?変なものでも食べたか?

    「あっ!」

    ……私の本があいつにとられた…

    「返して!」

    「本ばかり見てないで俺を見ろよ」

    きゅん

    18

    sorusakuraさんをフォロー

    通報する

▲