ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「でさ、その横顔が可愛くてさ」
    「え、そんなこと言う奴だったっけ」
    「いや、今解放してるだけだから」

    解放、なんてしなくていいです
    別に、君があの子のこと好きなの、知ってたけどさ

    「服も可愛い!」
    「キャラ崩壊起こってる?」
    「素を見たと思え」

    そんな素、見たくなかったんですけど

    「好きだなぁって」
    「まあ、めちゃめちゃ可愛いもんね」

    それはそう
    女子の私でも付き合いたいくらい可愛くて、愛嬌あって、一緒にいたくなる
    私なんかと毎朝登校してくれてるしね

    「告白とかしないの?」
    「いや、もう大人しく拝める」
    「あれ、もしかしてヤバいやつ?」
    「至って正常ですけど何か?」

    あーあ、いっそ告って振られてくれたら私にもチャンスあるのに
    あの子にゾッコンなままじゃ私何も出来ないじゃん

    「あー好きになってくれたらいいのに」
    「……ガンバ」

    こんなにも君を好きな奴が隣にいるのにね

    きゅん

    2

    御垣 千夏さんをフォロー

    通報する

▲