ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日は文化祭!私はクラスの代表として頑張ってきたから、今日を凄く楽しみにしてきたんだ。

    あれ…いないなー。

    大声で客寄せしながら探してるのは、和央ワオ。いつもクールだけど、私を好きでいてくれる彼氏。どこに客寄せ行ったんだろ?

    少し遠くに、クマの着ぐるみを見つける。可愛く手を振りながら、うちのクラスに客寄せしてる。
    あ、そうだ。和央は着ぐるみで愛想を振りまく担当になったんだ。文句を言いながらも、代表の私を困らせないようにって、やってくれたんでした。

    和央の担当時間が終わり、私に近付いてきた。だけどクマの頭を外さない。彼は何も言わず、私の手を掴んで歩き出した。

    「えっ?!」

    そのまま人気のない美術準備室の前までやってきた。
    そして、彼はやっとクマを外した。
    すると、唇を重ねてきた。

    「お前、ずっと声出してたろ。頑張り過ぎ」

    イケメンで、可愛い格好で…。大好きだよ、和央!

    きゅん

    2

    狼谷飛鳥さんをフォロー

    通報する

▲