ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 私が恋した人は、

    ヤンキー先輩でした。

    そして、私の元カレでした。


    ヤンキー先輩の意外な素顔を見て、好きになり。

    私の誕生日の日に

    振られました。

    理由は........。


    カレの罰ゲームだったこと。 


    ヤンキー先輩........。

    あなたの気持ちは

    いったいーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?

    きゅん

    2

    凜尊煌神さんをフォロー

    通報する

  3. 私、燈(あかり)。今、大ピンチです‼︎

    委員会の後、この学園1のイケメン不良ヤンキー君と昇降口でばったり、会ってしまいました。
    『お前、一年生の中島燈。か?』
    低い声で呼ばれて、ビクっとして返事をすると、
    『好きだ。付き合え』
    そう言われ、断れずに、笑顔で
    『ハイ、喜んで』
    と答えた私でした。

    きゅん

    9

    伊岡 侑和さんをフォロー

    通報する

  4. う~ん、やっぱりないかぁ


    お気に入りのストラップどこに落としたんだろ?

    最後に見たのがここだったし、ここにあるとおもったんだけどなぁ


    「お前が、さがしてるのコレ?」


    「あっ!!ももちゃん」

    先輩らしき人が、私のストラップを持っていた


    「ももちゃん?」

    「えっと、そのウサギの名前です」


    ピンクのウサギで、ハートのペンダントをしているから、ももちゃんって名前をつけた

    「ふーん。返してほしい?」

    「はいっ。それ、私の宝物で」


    そのストラップは、この町に引っ越す前、幼なじみに貰ったもの

    「返す代わりに、お願い聞いてくれる」

    お願い?

    「お願いですか?私にできる範囲なら」

    「これから、毎日、ここに来て」

    「えっ!?」

    「君のこと気に入ったから、
    これから、毎日、良いことしてあげる。」

    きゅん

    19

    kumaヽ(´▽`)さんをフォロー

    通報する

▲