ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日は3月17日。

    「あいつ、忘れてるのかな…」

    3日経っても、幼馴染の蓮からお返しを貰っていません。
    なーんていっても本命で渡せる勇気は無く、 義理として渡したんですけどね?別にお返しくらい貰わなくてもいいけどね?



    ーピンポーン


    「優衣ーっ、ちょっと出てー!」

    お母さんが言ってる。
    …しょうがない。出てあげよう。
    それで、今度チョコ買って貰お。
    そんなことを思いながら、ドアを開けた。


    「ーー優衣。」

    …やっと来た。
    彼が持つ袋が揺れる。

    「…遅い。」

    部活終わってすぐなのか、ジャージ姿の蓮がいた。

    「ごめんって、でもさーーー。」

    悪戯っぽく笑って、そう言った。






    『優衣の頭ん中、俺のことでいっぱいにしたかったから。』


    は…ぇ!?
    ば、ばーーーーかっ!///

    きゅん

    25

    *LIFE*さんをフォロー

    通報する

▲