ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 975件ヒットしました

  2. 「汐見先輩っ、今日は何の日でしょう?」
    帰り道、ニコニコしながら先輩に尋ねてみる。彼はちょっと驚いた顔して私を見た後、ふいっと顔をそらした。
    「...知ってる。バレンタインでしょ」
    「正解!で、先輩は今彼女がいますよね?」
    「そうだね。今横にいるね」
    「彼女からのチョコ欲しいですか?」
    「...そうだね」
    「大好きな彼女から!チョコレート欲しいですか!?」
    「....」
    調子に乗りまくって質問ぜめにすると、先輩の顔が段々不機嫌になってくる。でもマフラーにうずめた顔が赤いの見えてる。マジ可愛い。好き。
    先輩は少しの間黙ってたけど、やがて私を見て静かに「欲しいよ」と言った。

    「百合が、僕のために作ったやつ」

    ニヤ、とした綺麗な顔が、気づけば間近にあった。そ、そりゃそうだけど!
    戸惑っていると、そのまんまキスされた。ぎゃあ。
    「早くちょうだい」
    ...うう、敵わない。チョコより甘い、彼の声。

    きゅん

    296

    相沢ちせさんをフォロー

    通報する

  3. 「胡桃~。一緒に帰ろ」
    「うん!」
    「なにその紙袋」
    「あ、ばれた?」
    「ばれるだろ。つーか今日バレンタインだし」

    彼氏の恭汰との同居が終わっても、一緒に帰ったり遊んだりして彼との時間を過ごすのは変わらない。
    大好きな彼との時間は、幸せを感じるんだ。

    「はい、どうぞ!いつもありがとう。大好き!」
    「……ありがとう」

    バレンタインチョコを手渡すと、恭汰は柔らかく微笑んで照れたように笑った。

    「急に大好きなんて言うなよ」
    「ね、開けてみてよ!」
    「聞いてねえし」
    「ん?なあに?」

    自信作だから、早く見てほしいなあ。
    なんて思っていると、恭汰がわたしの耳元に唇を寄せてきた。

    ドキッと心臓がはねる。
    廊下の真ん中でなにを……!

    「チョコより胡桃を食いたい気分。だめ?」
    「!?だ、だめです!」

    今日も彼に翻弄されてばかりです。

    きゅん

    159

    ぱる.さんをフォロー

    通報する

  4. 明日はバレンタイン

    何かクラスの男子にあげるものはないかと駄菓子屋にくると、面白いものを見つけた

    『義賊チョコ』

    「こ、これはすごい」

    何度も言うが明日はバレンタイン、
    私の胸は別の意味で高鳴った

    〜当日〜

    「と言うことがあったんだ。昨日」

    親友のことかに話しかける

    「まぁ!良かったわねぇ、れんちゃん義賊とか義勇軍とか好きだもんねぇ。ルパンとか五右衛門とか」

    「おぅ、大好きだっ!」

    ババッ

    「れんちゃん、今日はバレンタインなの、迂闊にそう言う発言は駄目よ。クラスの男子が反応しちゃうから。それであるだけ全部買ってきたの?」

    「そう、ひとつ10円。さすが義賊、民に優しい」

    「それを配るの?」

    「くくっ、ただ配るだけじゃあない。作るんだ義勇軍を!、集え!男子諸君!バレンタインに不満があるもの!今こそ立ち上がる時である!・・と」

    「それ、やめた方がいいわよ」

    きゅん

    3

    天宮 月さんをフォロー

    通報する

  5. 今、私の目の前にいるのは
    私の幼なじみで、私の好きな人……

    私「はい、これチョコ」
    大樹「ありがと、ってこれは義理?」
    私「ぎ、義理に決まってんじゃん…」
    大樹「ふーん。ニヤニヤ」
    私「な、なによ」
    大樹「俺、お前からの本命欲しかったな」
    私「なっ、なにいってんのよ///」
    大樹「まぁ、今年は許してやるよ」
    私「なによ、偉そうに」
    大樹「でも来年はまたねーから。ボソッ」
    私「えっ……」

    来年はあなたに本命作ってもいいですか?

    きゅん

    2

    祐いさんをフォロー

    通報する

  6. ネタバレ注意⚠️

    優也は袋からチョコを取り出した
    そしてわたしの口の近くに持ってきたのだ


    わたしが恥ずかしがっていると、優也は眉間にシワを寄せて「いらねーの?」と言ってきた

    「は、は、はい!食べます!」
    そう言って目をつぶった。

    あれ?チョコなくない?あれ?なんで?


    わたしはおかしいなとか思いながらチョコを待っていると…



    ーーーーーーチュッ


    え?…
    わたしはびっくりして目を開けると優也の顔がそこにあった!
    わたしは驚いたままかたまっていると


    「もう一回目を閉じろ…」


    そう言われてもう一度目をギュッと閉じるとどんどん深くなるキス…しかもなんかチョコの味がする…わたしは優也に合わせるのが大変だった

    体もどんどん熱くなるし…息も荒くなってくる…

    すると急に唇を離してわたしが肩で息をしているのを見ながら舌で唇をペロッとして不敵に笑って


    「ごちそうさん。」

    きゅん

    23

    flowerpearさんをフォロー

    通報する

  7. いつもより少し高く結んだポニーテール、ちょっと気合を入れたメイク。よし、大丈夫!今日こそ好きってちゃんと言う

    部活後、いつも通りコーヒーを飲んでる颯太先輩。

    ー 先輩の持ってる紙袋の中には大量のおかし、妬けるなあ

    「…チョコ自分で食べちゃおうかな」
    ー ボソッ

    「そのチョコくれねえの?」

    「今?でも、手ふさがって…」
    「食わせてくれない?」
    「わ…わかりました、はい」
    ー パクッ

    「ん!うまい」
    「先輩…いつもブラックコーヒー飲んでるから苦手にしました」
    「お前の人のそういうとこすげえ好き」
    「不意打ちはずるい!」
    「他の部員は甘いの好きなのに俺のだけわざわざ苦めにしてくれたんだろ?ありがとな」
    「…はい」

    「あの…先輩いつも素直になれなくてごめんなさい。けどちゃんと先輩のこと好きです」
    「どこでそんな技覚えてきたんだよ…おいで葵」

    「いつも名前で呼ばないくせに…」

    きゅん

    5

    ぽせとさんをフォロー

    通報する

  8. 「ねぇ、いたるって好きな人いるの?」

    「いるよ。」

    「(じゃあ、こんなチョコあげても迷惑か、家帰ってから食べよ)」

    「あれ、今年はチョコくれないんだ( ͡° ͜ʖ ͡° )」

    「だって、好きな人いるんでしょ?うちがチョコなんてあげたら、その子に迷惑だよ」

    「何言ってるんだよ」

    「うちは、、、いたるのことが、、好きだから、、応援してあげる」

    「は?俺の好きな人、ゆななんだけど。」

    「ふーん。って、ええぇぇぇー!」

    「知らなかったのかよフンッ」

    「だって、そんな素振り見せなかったじゃん(。•́ωก̀。)…グスン」

    「チュッ」

    「もう!⁄(⁄ ⁄•⁄ω⁄•⁄ ⁄)⁄不意打ちはずるって…」

    「それは、こっちのセリフ。お前の1つ1つの行動が可愛すぎて、こっちは理性保つの大変なんだから」

    「え、?」

    「だから、その顔やめろって、俺以外の男の前で絶対そんな顔すんな」

    きゅん

    4

    じぇいかʕ •́؈•さんをフォロー

    通報する

  9. 『いたるのことが好きです。いたるの気持ちはは今度の塾の時聞かせてください。』

    今は、学年末テストのテスト週間真っ只中。でも、会う時がないため、彼がいる場所に行き、渡した。そして今日はその返事をしてもらう日。いつも授業が終わってすぐ出ていく彼も今日は教室に残っていてくれた。手紙を読んでくれたことはわかったけど、私に勇気がなく聞けなかった。いや、聞かなかった。振られるのがわかっていたからだろう。彼は私のことをきっと女として見てくれてないだろうし、ふられたら、テストどころではなくなる。だから、自分から逃げてしまった。でも、やっぱり彼の気持ちを知りたい。その一心で次学校いった時友達に会いに行くふりをして彼を呼んだ。6時にいたるの家に返事聞きに行くからと言った。6時になり、彼は現れた。

    そして、返事はまさかのOK
    耳を疑ったけど、それはやっぱり本当で、私は、その日嬉しさのあまり寝れなかった。

    きゅん

    5

    じぇいかʕ •́؈•さんをフォロー

    通報する

  10. 「よっ」ってお互いに挨拶した

    「今日渡したいものあって・・・」

    佑都から、チョコもらったあたし・・・

    「・・・・え?」

    「俺・・・・なって言うか・・・
    スキなんだ、お前のこと。友だちからでいいから距離
    縮めてお互いに好きって思ってたら、付き合えないかな?」




    「12000秒待って!!!!!」



    「長いわ!!!(笑)」



    そんな告白された


    次の日










    部活頑張ってるとこ見たらキュンとしちゃった。


    惚れ直した。

    きゅん

    3

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  11. 私香穂にはクールで俺様な幼馴染、陸斗がいる 

    私の片思い。
    毎年、バレンタインにはチョコをあげてる
    義理だけどね?本命を渡せる時が来るのかな、?

    「あ!モテモテ陸斗だ!チョコいっぱい貰ったんでしょー!
    『俺、好きな奴からしか貰わないから。誤解されたくないし
    「え、好きな奴、、

    (私、バカだ、何もしないで後悔してる)

    「じゃあ私帰るね
    『待て!チョコくれないの?
    「好きな奴からしか貰わないって言ったじゃん!
    『お前は別。毎年くれてんじゃん
    「そうだよね、はい。好きな人から貰うんだよ。

    『俺、お前からの義理チョコなんていらない
    「え?!陸斗が欲しいって言ったんじゃん!
    『あ~!だから!俺は香穂が好きだ!
    だから、本命が欲しいんだけど!
    「え、、嘘、
    『本気!

    「私も陸斗が大好き!これ!受け取って!
    『あぁ、ありがとな!



    今年は、本命チョコを渡すことができました!!

    きゅん

    6

    ♡あいか♡さんをフォロー

    通報する

  12. 「おはよう、今日も寒いですね」

    「さようなら、また明日です!」

    「おやすみなさい」

    いつもあなたに言っているよ(心の中で)

    強く強く心で願えば、いつかは気づいてもらえるかな?

    気づいてくれればいいのに。




    でも、わかっている。

    思いは外に出さないと届かない事を。

    口からだったり、

    手からだったり。




    告白するのは、とても勇気がいることだ。

    自分の思いを伝える勇気。

    相手からの答えを受け止める勇気。

    勇気を持って、動くのだ!

    自分で動かないと何も変わらない!



    だから、チョコレートのイベントの力を借りて、あなたに思いを伝えるよ。

    小さな小さな勇気を集めて……。




    「先輩っ!」

    きゅん

    5

    緒莉香さんをフォロー

    通報する

  13. 今日は2/14。そう、バレンタインデー。私は終礼が終わったあと幼なじみの純也にチョコを渡そうとしている。

    純也は私の隣の家に住んでいて、小さい頃から家族ぐるみで仲がいい。私はずっとずっと純也のことが好きだった…でも純也は私に恋愛感情なんか全くない…少しでも意識してもらいたいな、、

    キーンコーンカーンコーン
    「気をつけて帰れよー。」
    ついに来た。放課後。 よしっ。
    「純也ー。帰ろうぜー」
    純也の友達が純也を誘う。
    「じ、純也。ちょっとまって。」
    「…なに?なんか急用?」
    「う、うん。ちょっと…」
    「わりぃ。ちょっと急用できたわ。」
    純也はそういって友達の誘いを断ってくれた。
    「…で?なに?」
    「あ、あのね、、、これっ」
    私はチョコを手渡した。
    「…え、これって…」
    「…そう。私、ずっとずっと純也のことが好きだったのっ、、」

    純也の顔は私が今まで見たこともないくらい真っ赤だった。

    きゅん

    7

    @なのさんをフォロー

    通報する

  14. 「今更だけどこれ、あげる」
    「お、サンキュー」

    今日はバレンタイン。
    私が悩みに悩んで選んだ、高くもなく安っぽくもないけど他とは差別化させたいチョコを渡したら、それをあっさりと受け取った。
    うん……まぁ私達の腐れ縁ならこういう反応だよね。
    いや、別にもう少し期待した反応を見せても良いんじゃないかなーと思ったけど、私は平然とした顔で踵を返した。

    「おい」

    さぁ家に帰ろう、と足を踏み出した時、後ろから引っ張られる感触と私の動きが止まった。何だろうと後ろを振り向くと、幼なじみが厳しい顔をしてる。
    何を言われるんだろ?と首を捻って待ってると更に厳しくなった。

    「これ、義理?本命?」
    「え……?」
    「……だから」

    聞き慣れない声に思わず聞き返すと目の前の人が凄む。
    本気度の伝わる、低い声をして。

    「俺、今年からは本命しか受け取らないようにしてるの。だから本命なのか?
    本命なら受け取るよ」

    きゅん

    11

    翔黒 青さんをフォロー

    通報する

  15. 「ごめん…突然呼び出して…」
    「…ううん…」
    今日はバレンタインデー。
    本来、私は幼馴染である彼に本命チョコを渡すつもりだった…でも先日…


    「俺…好きな人がいるんだ…」
    「え?そ、そうなの…」
    「ずーっと、好きなんだ…」
    「…」

    突然、好きな人がいると告白され、私たちの仲は気まずくなっていた…


    「この前の話…覚えてる?」
    「この前って…好きな人の…?」
    「そう…」
    「覚えてるよ…忘れるわけないじゃん…」
    「ん?」
    「あぁ…いや、なんでもない…」
    思わず本音が…
    ギュッ…
    「…え?」
    「俺の好きな奴って…お前なんだ…小さい頃からずっと一緒で、隣にいるのが当たり前だと思ってた。。でも、隣にお前がいることって、当たり前じゃないって…最近知って……ずっと隣にいてほしい…だから…」
    ガサガサ…
    「逆バレンタインっていうの?
    俺と付き合ってください」
    嬉しくてたまらなかった。
    「はい‼︎」

    きゅん

    11

    Haru#さんをフォロー

    通報する

  16. きょっおは、まちにまったー
    ばれぇんたいん!
    先輩はどっこかなー
    いた!
    「せ、せんぱい!」
    「きゃあー、チョコうけとってくださぁい♡」
    いやっ!
    他の人からもらうの?
    もう、泣きそう!
    先輩に泣いてるところ見られた!
    もう逃げよう!
    「まてっ!」
    先輩が追いかけてくる
    (壁)どんっ!
    「どうして、逃げるんだ!」
    「だっ、だって先輩が他の女の子からチョコ受け取ってたから」
    「それ勘違い
    お前以外にもらうわけないだろ
    お前からもらうの楽しみにしてたんだけど
    くれないの?」
    「は、はい!
    先輩、甘いのが苦手だからビターにしました」
    「ん?
    食べさせて」
    「えっ⁉︎
    …は、はい////」
    「あーん」
    ぱく
    「うまい」
    「ほんとですか?」
    「あぁ、たべる?」
    「はい」
    ちゅっ
    「ん!///」
    「お前と食べたらもっとうまい
    来年も作れよ
    俺だけに」
    「は、はい♡」

    きゅん

    21

    ☆KAGUYA★さんをフォロー

    通報する

  17. 高校も違う君。

    そんな君にバレンタインをわたそうとおもってる。

    でも君はなかなか待ち合わせ場所に来てくれなくて。

    図書館閉館の20分前。

    ガタガタと音を立てて開いた

    自動ドアの前に立っていたのはーーー




    ずっと待ってた君でした。

    きゅん

    5

    *りけりん*さんをフォロー

    通報する

  18. 私が入学した頃いつも校舎で迷子になってたときに助けてくれた爽宮先輩(さわみや)に私はいつの間にか恋をしてた。だから今年のバレンタインは当たって砕けろで告白をするつもりなのです!
    頑張るぞー!と心の中で呟きながら爽宮先輩にドンドン近づいて行く。
    あ、いた。
    『先輩!』
    『あ、久しぶりだな。花ちゃん(はな)今日は迷子にならなかったか?』『先輩!もう一年ですよ!迷いません。』
    『そうか笑』
    『わたし先輩に渡したいものがあって!えっと、、好きなんです!先輩に助けられたときからずっと好きなんです❣️』
    困ってる顔してるやっぱりダメだったんだ。悲しいし、涙でそう
    『うっわーマジか!』(しゃがむ)
    『え?』
    『俺から言うつもりだったのに!でもめっちゃ嬉しいわ!俺もちゃんと言うな。花俺の彼女になってください!』
    うそ!(ポロポロ)涙止まんない
    『返事くれる?』
    『はい、先輩の彼女にしてください!』

    きゅん

    5

    すずポンの!さんをフォロー

    通報する

  19. 昼休み

    俊平「あざーす!」

    女子「いえいえー!」



    ...またチョコもらってるし。


    これで何人目かな



    「はぁ。今日は渡せないかな。」




    放課後



    俊平「なぁ侑李。俺の荷物片付けてて!」

    「え?なんで私が!」

    俊平「頼んだ!じゃ!」


    はぁー。片付けるか。






    「...よし!完璧!」




    あ。カバンの外ポケットにチョコいれとこ。
    直接渡す勇気なんてないし。



    チョコをカバンに入れて、教室を出た時。

    俊平とすれ違った。

    俊平「じゃあな〜」

    「あー。バイバイ」


    お礼言わないの...

    なんて思いながら歩いていると



    ダッダッダ


    パシッ


    俊平「これってお前から?」


    さっきのチョコをもって俊平がきた。



    「そうだけど」




    俊平「すげー嬉しい。」


    「そ、そう///」


    俊平「本命って、期待してもいい?」

    きゅん

    18

    端華さんをフォロー

    通報する

  20. 草薙先生は教育実習生。
    もうすぐ実習が終わっていなくなっちゃう。

    それもあってか、バレンタインの今日は女子に囲まれて一段と賑やか。

    「先生、チョコあげるー!」
    「貰えません」
    「何でー?あ、大学に彼女いるんだー!」
    「ヒミツ」

    そうだよね
    彼女くらい、いるよね…

    私は楽しそうに騒いでる先生達の輪にも入れず、チョコを背中に隠した。

    キーンコーンカーンコーン

    「ほら、チャイム鳴ったぞ」
    「はぁーい」
    私も皆の後ろを着いて教室に戻ろうと歩き出す。

    あぁ、このままバレンタインも先生の実習も終わっちゃう…

    「あ、末岡さん。このプリントだけど…」
    先生が手招きするので駆け寄ったら。

    「はい、ココにどうぞ」
    プリントで隠しながら白衣のポケットを向けてくれる。

    「俺の大学受けるんでしょ?待ってるからね」

    私は赤い顔を隠すようにコクコク頷きながら、そっと先生のポケットにチョコを入れた。

    きゅん

    44

    綾鈴さんをフォロー

    通報する

  21. 【校内1カップルのヒミツ。湊&結雨】

    高2の冬、湊と付き合ってから初めてのバレンタインデー。

    放課後の教室に、湊とあたしはいた。

    「なんでバスケ部休みじゃないの?デートしたかったのに…」
    「しょーがねぇだろ。それよりチョコは?」

    全然チョコなんて欲しそうじゃない湊の顔。

    「女子からあんなにもらったら、あたしのなんていらないでしょ」
    「スネんなよ。どーせおまえが食うくせに」
    「…てか、作ってないし」

    嘘をついたあたしは、湊に背を向ける。

    「あっそ」

    湊の冷たい声が聞こえた瞬間、後ろから湊があたしの首になにかをつけた。

    「これ…欲しかったネックレス…」

    湊は後ろからぎゅっとあたしを抱きしめた。

    「湊、ネックレスあげる意味って知ってる?」
    「さぁな」
    「独占したいとか、永遠に離さないって意味だよ」
    「じゃあ…そーなんじゃね?」

    抱きしめたまま、湊はあたしの耳にキスをした。

    きゅん

    20

    白いゆきさんをフォロー

    通報する

▲