ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日は大事なバスケの公式試合

    残り時間あと3分

    ここでスリーポイントを取らなければ私たちの学校の負けが確定する

    「おぉっと!理斗(りと)選手がボールを奪ったぁ!」

    わぁっ!っと盛り上がる観客席

    ボールを持った理斗はゴールとは違う場所へ向かっていった

    それは実況席

    「えーっと、今からスリーポイントを決めます。
    なぁ、佳奈(かな)
    このシュート、入ったら
    俺と付き合ってください!」

    「おっと!理斗選手!試合中に堂々の告白!お相手の返事はぁ〜?」

    「私も好き!付き合うからシュート
    絶対決めろ!ばか!」

    私の声を聞いた理斗はニカッと笑って一言

    「任しとけ!」

    そう言ってドリブルを再開

    次々と相手をかわしシュートを打った
    パシュッという音ともに自分の恋が叶った音がした

    きゅん

    55

    tarmさんをフォロー

    通報する

▲