ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「え、………ちょ?」

    アッシュは、私の食べかけのシュークリームを何の抵抗もなく一口で食べて、
    おまけに、


    _ペロン_





    「御馳走様でした」



    ひゃあアアアぁ!!


    指のクリームまで舐めやがった!!



    「どうしたんですか?恋に落ちましたか?」


    「お、落ちるかっ!!」



    無理無理無理無理!

    私なら、好きな人以外の食べかけ、
    ブラス 指も、舐めたり食べたりとか、絶対無理!!



    「高校生コンビ、ほら、送ってくよ」


    社長が「楽しそうだね」と手招きして私を呼ぶも、


    「スミマセン、今日は寄り道して帰りますから!」


    一人まだ、動悸しまくりでそれを誰にも見られたくなくて、バイト先を飛び出した。

    …私ってつくづく免疫ないんだと思った。


    『恋に落ちましたか?』


    落ちてない、ただ、恋のセンサーが誤作動しただけ。




    【もも恋ーソラノセナカ】

    きゅん

    6

    有月 海光さんをフォロー

    通報する

▲