ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 144件ヒットしました

  2. 「潤君!一緒に生徒会行こ」
    「し、白石さん!?」

    この人は白石瑠璃さん。僕の…僕の好きな人です…。

    「そういえばさ、なんで同級生なのに敬語使うの?もう入学してから半年もたってるのに」
    「そ、それは…もう敬語で話すのが慣れてしまったので…。すいません」
    「謝らなくて良いよ笑そっかぁ〜でも徐々に敬語外して話してね!」

    「お疲れ様でーす!ってあれ?伊織しか来てないの?てかさ伊織聞いてよ〜」

    あー、始まっちゃった…。まぁ伊織と白石さんは幼馴染だからしょうがないだろうけど…。ちょっと話しすぎやしないか?

    プルル

    「はい、伊織です。はい分かりました、失礼します。俺ちょっと先生に呼ばれたから行ってくるわ」
    「ほーい、行ってらっしゃい」

    ガチャ

    「潤君、メガネ落ちたよ?はいって……」
    「ねぇ、瑠璃。どうして伊織ばっかり構うんだよ?お、俺もか、構って欲しいよ…。好きだよ、瑠璃…んっ」

    きゅん

    1

    チョココロネ♪さんをフォロー

    通報する

  3. 俺には彼女がいる。でもそれは本物の彼女じゃなくて…

    キーンコーンカーンコーン

    お?あれは…凛じゃねえか?てか…隣の男誰?なんだよ…楽しげに話しやがって

    「おい、凛。ちょっとこっちに来い」

    「え!?なになに急に、どこ行くの?隼人、手…痛いよ…」

    ドンッ!

    「今日放課後廊下で話してた男だれ?」

    「え?誰ってクラスの男子だよ?」

    「で?あんなに楽しそうに喋ってたわけ?」

    「うん。話が盛り上がっちゃってねってそれがどうしたの?」

    「まだわかんねぇのかよ…。お前鈍すぎ…。まぁそこも可愛いけど…」

    「うん?」

    「俺がヤキモチ焼いてるのわかんない?」

    「え…ても、隼人は私のこと好きじゃないんでしょ?この前言ってたし、それに偽彼氏なんて嫌々してると思ったから…」

    「そんな好きな女の前で堂々と好きって言えるかバカッ…。ムカついたから俺のこと好きになるまで帰さないからな」

    きゅん

    3

    チョココロネ♪さんをフォロー

    通報する

  4. ねえ、今日オレに渡すものない?

    えー!ないの!?
    何をって。問題です!今日はなんの日でしょう。

    バレンタインでしょ?って分かってるじゃん!それならほら、愛するオレにチョコは?えっ、ないの!?

    なんで?なんでないの!?俺のこと好きじゃないの?

    ん?何笑ってんの?まさか俺を騙してたのか!

    まじでびっくりしたわ!嫌われたかと思った。
    まだ笑ってるし...。

    そのタイミングでチョコ渡すって...。
    分かった。そんなに笑いたかったら笑ってれば?ただし、後でどうなってもいいならね?

    きゅん

    4

    夜桜 美琴さんをフォロー

    通報する

  5. チョコレート売り場で、
    「これください!」
    私は一目惚れした小さなウサギのぬいぐるみ2羽を指さした。
    耳を垂らした野ウサギ風のぬいぐるみが、小さなハートのチョコレートを抱えているの。
    「白と茶色のウサギ、どちらにしますか?」
    店員さんに尋ねられて、私は固まった。
    どっちも可愛い。
    選べない。
    迷っていると、後ろから……。
    「じゃあ、白いのを彼女に。茶色は俺が買います」
    恋人の声にビックリして振り返ると、大志さんが微笑みながら立っていた。
    「偶然だね」
    大志さんがいたずらっ子のように笑うと、そっと私を抱きしめてきた。
    「本当は男性が女性に贈るもんなんだって知ってる?」
    大志さんの腕が私を包み隠すように動いた。
    「好きだよ」
    耳元で大志さんの声と息が……。
    感じちゃって、足がガクガクしてきたよ。

    ----
    恋の神様に受験合…の続きです。
    この話の通常サイズは後ほど、番外編としてUPします。

    きゅん

    18

    来栖颯真さんをフォロー

    通報する

  6. 「俺のオモチャになって」



    たった今


    目の前で、



    好きな人のために作ったチョコを



    ――グシャリと踏み潰されてしまった。



    「ひどいよ」



    一生懸命、作ったのに。



    「ひどいのは、サトコちゃんでしょ」

    「わたし?」

    「俺に見向きもしないから」

    「だからわたしが悪いっていうの?」

    「作り直してよ」

    「え?」

    「心を込めて。俺だけのために」



    ミカドは、歪んでる。


    歪んでるのに。



    「アイツにこれが渡るくらいなら。死んだほうがマシ」



    そんなにもわたしのことを想うあなたに

    どういうわけか



    揺らいでいる、自分がいたんだ。

    きゅん

    19

    犬甘さんをフォロー

    通報する

  7. 冬「どうしたんだ?真冬に屋上なんて、お前らしくないな。」

    夏希どうしたんだ?寒がりなくせに、屋上に行こうなんて。

    夏希「……こっちのセリフだよ。せっかく付き合えたのに総長だからって言うから、俺は我慢してんのに
    あいつら優先で。付き合った意味無いって思うようになって……不安なんだよ。
    俺が告ったわけだから、お前から好きとは言われてねぇし……ごめん、重いよな。」

    ……私は好きな人をこんなにも不安にさせてたの?

    冬「重くなんかない。ごめん、私恋なんて初めてだし、夏希の顔見ると恥ずかしくなって、一緒にいると胸が苦しく
    なって、夏希……好きだよ、大好き」

    初めて本人に告げて恥ずかしくなった。でもこれが恋なんだなーと思った。

    夏「……あぁ、もう!なんでそういきなり素直になるんだよ!俺も好きだよ冬香」

    夏希は甘い声で私に告げた後、赤い顔をして、あまーいキスをした。

    きゅん

    4

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  8. 蒼「カナ、ここ分からないから教えて?」

    甘えたような目を向けてくる従兄弟の蒼弥
    学校だから、家で使っている呼び名を使うのを辞めて欲しいのだが……。
    何度言っても聞かない。

    「加々美君、今は学校だから白野先生って呼んでくれないかな?
    他の先生にバレたら困るんだけど…。」

    蒼「呼ぶのやめたら、俺のお願い聞いてくれる?」

    まあ、辞めて貰えるならいいか。

    「2つだけだったら、いいよ?」

    蒼「ありがとう。
    じゃあ、お願い1つ目
    俺に言われたことは、全てに対して従うこと!
    2つ目は、俺が言ったことに対しての反論は認めない!……反論した場合は、お仕置きかな?」

    「待って!意味分からないよ?」
    あれ?ソウの目が悪い目に……

    蒼「反論したね?」

    【チュッ】


    蒼「次反論した場合は、もっと恥ずかしいよ?(笑)」

    きゅん

    4

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  9. 「おはよう!」

    えっと…同じクラスの…
    「お、おはよう」
    「一緒に行こうよ!」
    首を振って一緒に歩くことにした




    (何か周りの人たち見てるなぁ〜
    本当に一緒にいて良いのかなぁ?)


    私たちは教室に着いた


    「それじゃ、俺となりだから」
    「また放課後会おうね」


    「う、うん」


    (付き合ってないのにこんなに接してて良いのかなぁ…)





    こんな日が最近続くことが多くなった

    きゅん

    3

    時雨チョコさんをフォロー

    通報する

  10. 類「Trick or Treat
    香澄お菓子ちょうだい?」

    どうしよう。大変だ!
    今日に限って、作ったお菓子を忘れるなんて!!

    「ごめんね、類。実は、お菓子家に忘れちゃったから、
    帰りにでもいいかな?」

    いつもの類なら、許してくれるはずなんだけどな。
    イベントの時って、いつも許してくれないんだよなぁ

    類「やだ。今欲しいから。
    くれないなら、イタズラしてもいいってことでしょ?」

    なんか類のキャラ?が、変わっているんだけど...。
    クール?っていう感じのはず!
    っていうか…「イタズラ!?な、何言ってるの!?
    帰りに渡すって言っているでしょ?」

    類「俺は、今欲しいって言った。
    今くれないなら、イタズラしていいんでしょ?
    ……何しようかな?(黒笑)」

    「えっ……えっとー、」

    少しづつ後ろに下がる
    ガシャ

    類「もう逃げられないね。
    香澄・・・・・(ボソッ」

    「\\\\類のバカ!」

    きゅん

    11

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  11. はぁー、受験生って嫌だよ!
    でも綾斗先輩は、バスケ強豪校行っちゃったし。
    私も、そこの女バス推薦貰ってはいるけど受験すると、足りないしなぁー。
    さていつもの高校通っている妄想して、頑張りますか!!

    ー1時間後ー
    ガチャ
    綾「莉奈?頑張ってるな!」
    「· · ·(集中していて気づいていない)」
    綾(可愛いなぁ。早く自分のものにしたい。でも理人〖莉奈の兄〗にすげぇとめられてるし。
    邪魔したいなぁ、俺以外見ないでほしい。なんていえないけどな。笑)

    ー1時間後ー
    あー!つかれた。少し本読もう!
    「へ?あ、綾斗!?なんで?」
    綾「今頃かよ!1時間前ぐらいから居たぞ?声かけたしな。」
    「そうなんだ。ごめんね。」
    綾「いいって。それにしてもよく頑張ったな。〖頭ポンポン〗
    分からなかったところはあるか?教えるそ。俺も合格して欲しいしな!
    (落ちて、ほかの高校にいかせられるか!)」

    きゅん

    4

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  12. 男「好きです!龍也と付き合っているって聞いて諦めたけど、浮気してるしさ。
    俺は、さくらちゃんを悲しませないからさ、俺と付き合ってください!」

    「あっ、あの 龍「ごめんね? 確かに桜妬かせるために浮気したけどさ、もうやめたし、諦めてもらってもいいかな?
    あー、あと悪いけど、さくらちゃんって呼ぶのやめてもらってもいいかな?
    桜が汚れる。」

    龍也が言ったあと、男は青ざめた顔にして、逃げるようにどこかへいった。

    龍「桜· · ·大好きだよ」

    溺愛彼氏【三芳 龍也】

    きゅん

    5

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  13. なんの本にしようかな。
    そう言えば、図書だよりに新しく新選組の本を入荷したって書いてあった気がする!
    えっと、どこかな?

    剣「沙織!なんでここに居るんだよ!
    試合近いから見てて、アドバイスくれって言ったろ?
    剣道部でいちばん強いのお前だろ?」

    「剣(つるぎ)!確かにわたしは、剣道で、全国大会で優勝した事あるよ?
    私は、尊敬する新選組に少しでも近づきたいと思ったから、同じ誠を信じて
    続けてきた。
    剣だって志があるでしょ?
    私の好きな人は、剣は、それを持っているから強くなれるよ!」

    剣「ありがとな!! 頑張ってみるよ!
    沙織· · · ·」

    「剣のバカーーー!!!!」


    うぅ\\\何も、耳元で(俺も好きだよ)って言わなくても\\
    私が声フェチで、剣の声が一番のお気に入りなの知ってるくせに!!

    剣のバカ!

    大好きだよ!

    きゅん

    2

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  14. 夏「葵先輩!
    良かった。間に合って· · ·。
    今日で卒業ですね…
    えっと、今時間ありますか?」
    夏樹くん· · · 私が委員会で仲良くなった後輩だ。
    相変わらずかっこよくて(好きだなぁ)
    夏「へっ?\\\
    なっ!!先輩!?
    い、いまの本当ですか?\\\」
    口に出してたんだ\\
    「うん。好きだよ。付き合ってください!」
    夏「よろしく!!あおい先輩!」

    きゅん

    5

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  15. あぁ、中学校最後の総体負けちゃった。
    佳奈と一緒にダブルス頑張ってきたのに!

    結「優華。
    お疲れ様!
    あと2点だったのになー。」

    そう言って頭をポンポンしてくれた。

    「結斗!!」

    結「卓球!高校で一緒に頑張ろうな!!
    俺はサッカーだけどな?(笑)」

    きゅん

    2

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  16. 明日はバレンタイン

    何かクラスの男子にあげるものはないかと駄菓子屋にくると、面白いものを見つけた

    『義賊チョコ』

    「こ、これはすごい」

    何度も言うが明日はバレンタイン、
    私の胸は別の意味で高鳴った

    〜当日〜

    「と言うことがあったんだ。昨日」

    親友のことかに話しかける

    「まぁ!良かったわねぇ、れんちゃん義賊とか義勇軍とか好きだもんねぇ。ルパンとか五右衛門とか」

    「おぅ、大好きだっ!」

    ババッ

    「れんちゃん、今日はバレンタインなの、迂闊にそう言う発言は駄目よ。クラスの男子が反応しちゃうから。それであるだけ全部買ってきたの?」

    「そう、ひとつ10円。さすが義賊、民に優しい」

    「それを配るの?」

    「くくっ、ただ配るだけじゃあない。作るんだ義勇軍を!、集え!男子諸君!バレンタインに不満があるもの!今こそ立ち上がる時である!・・と」

    「それ、やめた方がいいわよ」

    きゅん

    3

    天宮 月さんをフォロー

    通報する

  17. 授業が終わり帰る支度をしていたら。
    「美優、これお前にやる」
    「えっ、なに?」
    「いいからもらっとけ」
    「うん」

    クラス1チャラい翔太くんから、リボンがついた小さな箱を貰った。

    私翔太くんにはあげてないんだけどなあ...
    私の好きな人麗央くんからは何も貰ってないのに..と心の中でムスッとしていた。

    リボンの下には、手紙が入ってて。
    "どうせ俺はチャラいよ。お前もそう思ってんだろ?チャラい俺の気持ち受け止めてほしい。美優が好きだ"


    え...そうなの。翔太くん私のこと好きだったんだ。チョコをカバンに入れて歩き始める。

    ちょうど階段の途中の踊り場で。翔太くんが私に追いついた。
    「美優、読んだ?」
    「う、うん...」

    美優は壁に追いやられ、翔太からの熱い視線をもらい。

    "やばい、私翔太くんにキスされる..."

    ちゅ/// 思った通りキスされた。周りにいた生徒に注目された。

    きゅん

    6

    オレンジきゅんさんをフォロー

    通報する

  18. 俺、高橋直弘は今教室で寝ている伊織のことが好きだ。
    伊織は寝ている。それを見るとふとチョコみたいなのが一瞬だけど見えた。
    ちょっと見てみると、『すき』と書いてあるチョコがある。
    俺は、誰にあげるのかの疑問と、もらうやつへの嫉妬でおかしくなりそうだ。
    俺は、『俺はずっとお前だけをすきだったのに、お前はそいつと仲良くつきあえよ。』
    と、ささやいてから教室をあとにした。







    私、中島伊織は直弘のことがずっとすきだった。
    そいつはすごくモテていて、チョコを用意したけど結局渡せず教室で寝ていた。
    目が覚め起きようとしたら直弘が入ってくるのが見えた。
    私は寝たふりをする。
    私のチョコが見えたのか、彼は、私の耳元で『俺はずっとお前だけをすきだったのに、お前はそいつと仲良くつきあえよ。』といって教室を出てしまった。
    ずっと私のことをすきだったの!?
    私はバッと起き上がって返事をしにいった。

    きゅん

    5

    かのん❤さんをフォロー

    通報する

  19. 「おい、チョコ持ってくんなっつたろ。」

    そう言って先生は、私が持っていたチョコを取り上げる。

    「え~、い~じゃん!」

    と言いながら、私は抵抗しない。
    これで先生と2人きりになれるし、チョコも渡せる。
    計画通り☆

    「おまえ、職員室に来い。」



    職員室には誰もいなかった。

    こんなことあるんだ…。

    いつの間にか、先生は私以外のチョコも持っていた。
    しかも有名なブランド物のチョコ。

    出された椅子に座る。

    「で、このチョコは誰に渡すんだ?本命だろ、これ。」

    「そうですけど。」

    私は窓の外に目を向ける。

    恥ずかしくて先生の顔を見れないよ…。

    「んだこれ……?」

    「あ、ちょっ?!」

    先生は私のハート型のチョコを開けていた。

    「へ~、もしかして俺の分?」

    先生は嬉しそうに笑うとブランド物のチョコを差し出してきた。

    「俺も好きだから。これ、おまえの分な。」

    きゅん

    7

    若葉 おれんじさんをフォロー

    通報する

  20. 「・・チョコ、渡せなかったの?」


    「・・・フラれちゃった・・・。」


    「そっか・・・。」


    「・・・ッス・・・グスン・・。」


    「・・・それ俺が食べようか?」


    「・・・・カンちゃん甘い物嫌いなくせに・・。」


    「まぁ~・・でも・・・。」


    「・・・もういいよ!ほっといてよ!!
    ・・・こんな物・・・・!!」


    「あ!何するんだよ!
    一生懸命手作りしたやつなんでしょ!?」


    「・・・・・・ッス・・・グスン・・・。」


    「あ~あ~。グチャグチャだ。
    なにも、水たまりに投げ捨てることないのに・・。」


    「・・・・・ッス・・・ッス・・・。」








    「・・・うん。美味しい。」


    「・・え・・・・!?
    カンちゃん何やってるの!?」



    「・・・・ゴクン・・・ご馳走様でした。
    スゲー美味しかったよ。
    ナオちゃんよく頑張ったね。」


    「・・・・・バカ・・・。」

    きゅん

    4

    ヘムヘム虎さんをフォロー

    通報する

▲