ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. おれの幼なじみは読者モデルだ。

    人気がある反面、嫌がらせもあって。


    「この写真、すげぇよな」


    スマホに回ってきたヌード写真。

    確かにあいつの顔だけど。


    「違う、絶対に偽物、コラージュだ。

    本物なら、左胸にハート型の赤いアザがある」


    「な、何で知ってんだ?」


    「見たからに決まってんだろ」


    おれはあいつの手を引っ張って教室を出る。

    絶句してる連中に、捨てゼリフ。


    「おれがいる限り、人前で脱がせたりしねぇから」


    やらかした。

    スキャンダルだ。

    だけど。


    「守ってくれて、ありがと。

    幼稚園のころに見ただけなのに、アザ、覚えてたんだ?」


    「まあな」


    「また見てみる?」


    真っ赤になった一生懸命な顔。

    ちょい待て、かわいすぎ。


    「押し倒すぞ」


    「いいよ。好きだもん」


    こうなりゃ、スキャンダル上等だ。

    絶対おれが守ってやるから。

    きゅん

    225

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲