ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. おれが同級生のあいつと付き合い始めて、1年半。

    でも最近、喧嘩が多くて。


    「もうダメ、かな……」


    わがまま言われると腹が立つ。

    おれがバイトばっかなのは家の事情だ。

    あいつもわかってるはずなのに。


    土日もシフトで、バレンタインの今日も出勤。

    バイト先のコンビニでも、チョコフェアをやってる。


    シフト上がりの午後8時。

    棚に残ってる逆チョコを買ってみた。


    「売れ残って値下げとか、みじめだし」


    言い訳しながらスマホを見て、息が止まる。

    あいつからの新着通知――〈お疲れさま ごめん 外にいる〉


    慌てて飛び出そうとして、その前に。

    チョコのミニカードにメッセージを殴り書きする。


    おれはチョコを手に、あいつに駆け寄る。

    寒そうに縮こまる後ろ姿をギュッと抱きしめて。

    カードに書いた言葉を、耳元でささやいた。


    「寂しい思いさせてごめん。本当は愛してる」

    きゅん

    71

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲