ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1422件ヒットしました

  2. +
    .

    ――クリスマスは嫌いだ

    大好きな先生と……祝えないから。


    「佐倉、忘れもの」

    友達と帰宅中、先生に
    ツリーの前で呼び止められる

    この人は、私の……内緒の恋人だ

    「巻いてやるよ」

    友達が羨ましそうにこっちを見る

    「これ、私のじゃ……」

    『プレゼントだ。受けとれ』

    (!?)

    そう耳打ちをすると……
    先生は、行ってしまった。


    真冬の寒さが
    一瞬にして吹き飛んでしまうくらい
    あったかいプレゼント

    ありがとう、先生……。

    きゅん

    42

    犬甘さんをフォロー

    通報する

  3. 【狂愛彼氏 番外編 その2】


    +

    木葉(このは)から、
    「ツリーを見て帰るね」と連絡が入った

    誰と?何時まで?なぜ、クリスマスに
    僕と……過ごさない?

    僕は、家を飛び出た

    学校に着くと、可愛い木葉を見つけるのに
    時間なんてかからなかった

    制服にコートを羽織っているものの、
    首元も、手元も、足元も……
    とても寒そうな木葉がそこにいた。

    「忘れちゃった」

    木葉は昔からどこか、抜けている
    こんな寒い日に防寒具を忘れるなんて
    もはやバカだと言いたいが
    そんな木葉が、僕は愛しくて仕方ない

    「ありがとう!」

    マフラーを巻いてあげると、照れ笑いする木葉

    「でも、尚(ヒサシ)くんがっ」

    ……心配しなくていいんだよ
    僕の香りに包まれた木葉を見ているだけで
    こんなにも幸せになれるのだから

    そして僕が風邪をひいた場合は
    おかゆを食べさせてもらい
    身体をふいてもらおう

    ね、木葉?

    きゅん

    41

    犬甘さんをフォロー

    通報する

  4. 【狂愛彼氏 番外編 その1】


    +

    「木葉(このは)」

    目の前に現れたのは
    2つ年上の幼馴染 兼 彼氏の
    尚(ヒサシ)くん

    「どうしてに?」

    わたしは中3で尚くんは高2
    今日は学校にツリーが飾られるということで
    放課後、友達と眺めていたのだけれど……

    「僕も一緒に見ようと思って」

    イケメンな尚くんが来たものだから
    まわりの女の子たちが騒ぎ始めた

    「木葉……寒くない?マフラーは?」

    「忘れちゃった」

    すると、尚くんは——自分の巻いていた赤いタータンチェックのマフラーをはずし、そっと巻いてくれた。

    (あったかい……尚くんの香りがする)

    「あ、ありがとう!!」

    「女の子なんだから、身体冷やしちゃダメだよ?」

    「うん。でも……尚くんがっ」

    「僕はいいから。木葉に風邪をひかれた方が困るよ」

    「ごめんね。ありがとう……」


    尚くんは、優しい。私の、自慢の彼氏だ。

    きゅん

    31

    犬甘さんをフォロー

    通報する

  5. 「色葉さん」
    「はい純さん」
    「もうすぐクリスマスですね」
    「そうですね」
    「ご予定をお聞きしても?」
    「えーと、毎年家族でケーキ食べて、騒いで、寝ますね」
    「それまでは?」
    「...寝てますね」
    「嘘だろ...」
    「だってこたつで寝るの最高なの!私の冬の恋人なの!」
    「残念だけど今年は俺がいるのでこたつとは別れて下さい」
    「ええ~...」
    「いや何迷ってんの?」
    「純くんはこたつじゃないもん」
    「当たり前だよ。俺はこたつじゃなくて人間だよ」
    「純くんがこたつになってくれたらうちのこたつとは別れるよ」
    「無理だよ。なんで俺はお前んちのこたつに勝てないの?クリスマスくらいこたつから出て」
    「じゃあ出るから毎日純くんのとこ行ってもいい?」
    「え?...お、おう」
    「暖めてくれる?」
    「あ、ああ」
    「やった。こたつとは今別れたよ」
    「はえーな」
    「楽しみだねクリスマス」
    「...そーだね」

    きゅん

    32

    相沢ちせさんをフォロー

    通報する

  6. 近くのお店からクリスマスを彷彿とさせるBGMが聞こえる。

    駅前のおっきなツリーの前で一人、雪を睨むする私。

    待ち合わせの時間を30分も過ぎているけど、和佐君は来ない


    「ひな!」
    息を切らしてきたのは、和佐君
    「電車…雪で…走ってきた」
    「え!大丈夫…?」
    「大丈夫だよお前と違うし」
    ブレないなぁ、心配してるのに!

    …まぁいいか。走ってきてくれたし。
    「はい和佐君」
    青い包装紙の箱を渡す。

    クリスマスに会うから、用意したんだけど…。フリだしいらないかな…
    「あー、はい」

    赤い手で渡してきたのは、小さい紙袋。
    「な、なに?」
    「何って、プレゼント。開けて」
    え!和佐くんが!?てか、よかった!

    「ネックレスだ!かわいい!」
    「奴隷には首輪だろ」
    そう言いながら付けてくれた。
    「はい」
    小さい子みたいに頭を撫でられる。

    顔が暑い。



    「で、それくんねーの?」
    「あっ」

    きゅん

    2

    おひな。さんをフォロー

    通報する

  7. ''ずっと前から、君が好き。''

    「俺、ずっと前から玲奈のことが好きだった。でも酷いことしちゃって。」

    「私も好き。このクッキー受け取ってください…」

    クリスマスの夜の甘い初恋❥♡

    宮城 玲奈

    小川遥斗

    彼女、始めました!

    きゅん

    4

    恋羽*•.❥さんをフォロー

    通報する

  8. 「先生っ!早く帰ろう?寒い」

    「はいはい。別に待ってなくて良かったのに」


    苦笑しながら先生は言うけど...


    「だって、先生に用があったんだもん」

    「そうだったな、どうした?」

    「はい、クリスマスプレゼント」


    そう言ってそれを掛けてあげると先生はキョトンとした顔でそれに触れる


    「マフラー?」

    「そう、先生いつも寒そうだもん!」

    「わざわざ編んだのか?」

    「嫌?」

    「全然。可愛い彼女からの贈り物だからな」


    優しく目を細めて笑う先生


    「先生はプレゼントくれないの?」

    「明日空けといてくれたらやるよ」

    「ほんと!?やったぁ!」

    「あぁ、楽しみにしとけ」


    緩く口角を上げてあたしの髪をくしゃってした先生は手を絡ませてあたしの手の甲に口づけた

    きゅん

    4

    ✩真冬✩さんをフォロー

    通報する

  9. 「ゆうやっ…ぅっ…」

    「なんで泣いてんの!?おい、ちよ?大丈夫か?」

    「彼氏に振られたぁ…っ好きな子ができ…たって…う…っ…」

    幼馴染のゆうやに泣きつく。

    「…お前の元彼ってバスケやってるよな」

    「う…ん?」

    ここで待っててすぐ戻る…と言って出て行こうとする

    「待ってっゆうや!1人にしないで…よ」

    ゆうやは顔を赤らめながら私を抱きしめてくれた

    「ちよが俺の女だったら泣かせないのにな…」

    「ありがとう。ゆうや」

    「俺を男として見ろよ。ばーか。ばーか」

    なんでやねん

    「ゆうやだって私の事妹くらいにしか思ってないでしょーが」

    「は!?おまっ…はぁ。鈍感すぎてムカツく」

    ゆうやがむすっとするから

    「おにーたん大好きー」

    って言う。

    「それは反則。ルール違反。罰としてクリスマス俺と一緒な?」

    「…うん!」

    「喜んじゃダメだろう…」

    ゆうやは深いため息をついた

    きゅん

    14

    Negi さんをフォロー

    通報する

  10. 今は放課後の教室



    はぁ…♡

    ケントとふたりっきりのクリスマスデート、楽しかったなぁ……

    手を繋いで(しかも恋人繋ぎ…っ)、クリスマスツリーの前で一緒に写真撮ったり、ご飯一緒に食べてあまりの高級さに二人でビビったり、最後に………キス、したり…………

    もう、あの時は幸せすぎてどうにかなりそうだったけど、今でも思い出すだけで胸がドキドキする

    スマホを出して、クリスマスツリーの前で画像加工アプリを使って、ケントと私の"二人だけ"で撮った写真を見る

    「えへへ。私、幸せ者だなぁ……」

    ガラッ____

    「委員会終わったぞ~!」

    「ケントッ!!」

    「わっ!ちょ、入ってきた途端に抱きつくなよー」

    「そう言いながら、私の頭ぽんぽんしてるじゃん!」

    「だってよぉー。俺、お前のこと大好きだからさ」


    「っ!!私も!!私も大好きだよケント!!」


    ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

    きゅん

    6

    ふぃだぁさんをフォロー

    通報する

  11. 今日はクリスマス。私はある人に呼ばれて来ていた

    「ゆか…可愛いな」

    第一声それ!?

    「…っな。お前もかっこいいな。今日は。」

    「……。」

    「…からかったんですけど」

    「あ、ぁ分かってるよ…」

    なんかそわそわしてね?

    「どした?なんかあんの?サプラーイズ!とか?」

    ………。

    え?まずいこと言った…?

    「…ぷっ。あー馬鹿だな俺は」

    急に笑ったと思うと急に真剣な顔になって

    「好きだ。ゆか。ずっと見てた。お前って無自覚に可愛いとこあんだよなー。笑顔だな特に。」

    「ほーほー。ウソ告?」

    「馬鹿かお前」

    ……。

    「……/////えっええ!?」

    まじか…今までのドキドキと違う。なんだよこれ。

    「…わ、私も好き…です…」

    「なぜに敬語w」

    笑われたけど

    「俺だけのゆかでいて下さい」

    「お前も敬語じゃんw」

    2人で笑いあう。やっぱ、私達はこんな感じが一番だ

    きゅん

    5

    Negi さんをフォロー

    通報する

  12. 「今年のクリスマスはみんな彼氏と過ごすんだぁ…。」

    イルミネーションを前に一人で途方に暮れている所です。

    去年のクリスマスはみんなとパーティーしたのに!

    今年はクリボッチって奴ですかい…。とても虚しいですよ。

    「…帰ろう。」

    イルミネーションから踵を返した時、聞いた事のある声が。

    「あれ…お前一人?」

    「だ、だったらなんですか?」

    私のバカ!何で素直になれないの!?憧れの先輩に会えたのに!!

    「え…いや、俺も一人だし一緒に見ようと思って。」

    「っ、私と居てもつまんないですよ…。」

    あぁ、もう嫌だ。性格…恨む!

    「ふっ、知ってるよ…お前が素直な奴じゃない事くらい。」

    そして私の頭をぽんぽんと優しく撫でた。

    「ほら、行くぞ!」

    さり気なく手を握って歩きだした先輩…。

    周りからみたらカレカノに見えたりするのかな?

    きゅん

    10

    月野かおりさんをフォロー

    通報する

  13. 「理玖都…寒いね」
    私が呟けば。
    「ほら、こっちおいで?くっついてれば寒くないよ」
    と、肩を抱き締められる。

    この、感覚が…好き。

    「早百合は冷え性なんだからさ、カイロくらい持ってなよ?」
    「だって。理玖都が温かいから必要ない」

    きゅうっと抱きつき返せば、ふふっと微笑まれて髪をキスを落とされる。

    この感覚が…心を満たして満杯にしていくんだ。

    「早百合…X'masプレゼント」
    「なに?」
    「一生俺の恋人でいられる券」
    「…。」
    「…いやだった?」
    「もう、ばか。嬉しいに決まってる!」

    そして、私は彼の胸元にシャランとチェーンを掛けた。
    「これは?」
    「理玖都が私のものだって言う証」

    そこにはドッグタグで、私所有権をデカデカと刻んだ文字が光ってる。

    「好きだよ、早百合…」
    「私の方が好き」
    「…そんな早百合も好きだよ」

    もっと、私でいっぱいになって、私を貴方でいっぱいにして。

    きゅん

    6

    御影 璃稀さんをフォロー

    通報する

  14. 憧れの先輩とクリスマスイブの日にあった終業式のあとに一緒にバイト先に行ってたら急に今日のバイトドタキャンしよっかって言われてドタキャンしてデ―トした

    きゅん

    1

    reinaaaaさんをフォロー

    通報する

  15. 「機嫌治せって」
    「べっつに」
    「そっぽ向いてんじゃん」
    「向いてません」
    「背中向けてんだろ」
    「背中が顔だから」
    「お前は妖怪か」
    「いいの!」
    「だから、その…ごめんって」
    「だっこしても無駄」
    「…これでも?」
    「ほっぺにちゅーでもダメ」
    「じゃあこれは?」
    「…っ!」
    「許した?」
    「ずるい~っ」
    「ずるくありませーん」
    「うわあん!ばかー!」
    「泣き方が子供」
    「うるざい」
    「来年はクリスマスのライブ、日程ずらして貰うように頼むから」
    「もういい」
    「?」
    「別の恋人探す!」
    「かっちーん」
    「ふーん」
    「俺以上にイケメンでお前を好きな男がどこにいんだよ」
    「いるもん、ばーか」
    「いたって渡さねーよ、バーカ」
    「…っ」
    「?」
    「私だって、渡さないもん…」
    「…渡されて堪るか。俺はお前のもんだ」
    「ふつー逆だよ」
    「別にいーだろ。男女平等」
    「何それ、変」
    「あ、やっと笑った」

    きゅん

    30

    望月双葉さんをフォロー

    通報する

  16. 「やっぱり来ないか…」

    昼間一緒にいた女の人と一緒なのかな

    小さい頃は、「クリスマスはずっと一緒に過ごそうね♪」なんて言ってたのに

    光希の嘘つき…

    今年のクリスマスは頑張って告白しようって思ってたのにもう、だめなのかな?


    メールをしたのは、昨日なのに既読すらつかないなんて…しょうがないよね。 もう、帰ろ…

    『はぁはぁ、やっと見つけた!陽菜遅くなってごめん!スマホ修理にだしてて返ってきたら、メール着ててごめんな、寒いなかこんなに待たせて』

    「うぅん、気にしないであのね今日どうしても光希に言いたいことあって…『まって、そっからは俺が言う。陽菜、小さい頃から好きだよ。』

    「う、嘘。もう嬉し過ぎるよ」
    恥ずかしくて後ろをむいた。!いきなり光希が後ろから抱きしめてきた

    『驚きすぎだろw
    陽菜俺は、お前が好きだ。クリスマスはこれからも、二人で過ごそうな?』

    「うん…」

    きゅん

    11

    さくら✨さんをフォロー

    通報する

  17. 「先輩、私ずっと…あなたが好きでした。」

    憧れの先輩にこれだけ伝えて校舎裏まで逃げて来た。

    いつまでもウジウジしてられないよね…。

    「あぁ~、もう、何で涙出ちゃうかなぁ~。」

    涙を拭っていると後ろから誰かに抱きしめられた。

    「え、だ、誰?」

    でもすぐ分かった…私の大好きな匂いだから。

    「お前冷たい。こんなに冷えて…バカなの?」

    「先…輩!?」

    胸がキュッと締め付けられるような感覚だ…。

    「逃げるなよ。」

    先輩の声が真後ろから聞こえて耳がパンクしそう。

    「なぁ、好き“だった”ってどういう意味?」

    明らかに機嫌の悪い声だ…。

    「なんで過去形なんだよ。」

    …先輩、そんな事言われたら期待しちゃうじゃないですか…!///

    きゅん

    21

    月野かおりさんをフォロー

    通報する

  18. 『あ~、クリぼっちだよ~やだな・・・』

    「よっ、何してんの?」

    『おー、龍也じゃん』

    こいつは同級生の龍也、実はこいつに片思いしてる。

    「んで?何してたの?」

    『ん~、クリぼっちだからどうしよっかな~って考えてた』

    「へ~、ぼっちなんだ」

    『どうせ龍也は可愛い女の子と過ごすんでしょ!』

    「いや・・・俺はお前と過ごしたい」

    『は!?』

    「はい、決定・・・行くか」

    すると、龍也に頭ポンポンされてしまった///

    今年のクリスマスは、人生で1番かもしれない・・・

    きゅん

    6

    FUKUさんをフォロー

    通報する

  19. クリスマス限定の『運命の福袋』というものが売っているらしい。
    それは運命の出会いがあるとかないとか

    「うーん。どれかなー」


    たくさんのお店があり迷ってしまった。
    そういう時は…人が移動してる方に行くのがいい!



    「あった!」


    やっと見つけられた。
    でも、人が多すぎて取るにも取れない。





    「はい。どーぞ。」



    「えっ?」
    「福袋が欲しかったんでしょ?」
    「えっ、あ、はい。」
    「だからこれあげるよ」
    「いいんですか?ありがとうございます。」
    「ふふ、じゃあ」



    優しくて、かっこいい人だったなー

    一目惚れした瞬間だった。




    ー三学期ー

    もう1度会いたい。
    そう思っていた。


    「今日は転校生がいる。」

    転校生!?
    どんな人だろ?

    「どうも竹内陸です。」

    あの時の人…
    すると彼はこっちを見て笑った。
    ドキッ… 会えた。
    運命ってこういうことなの?

    きゅん

    5

    ぐりーらさんをフォロー

    通報する

  20. 今日はクリスマス。
    女の子なら誰でも憧れる。
    大好きな人とイルミを見ること。
    けど私は______

    「……一緒に、見たかったな」

    私の幼馴染みの冬眞はバスケ部の人気者。だから他の女の子に誘われてると思って私は誘わなかった。
    …ううん、違う。本当は私に勇気がなかっただけ。
    ふと、時計を見ると点灯2分前。
    あ、もう点灯するなぁ。楽しみ!
    一人でツリーを眺めてた私の腕が、いきなり引っ張られた。
    「雪姫!!」
    「…え、冬眞?」
    驚いて振り返ればそこに居たのは冬眞で。
    「え、どうしたの?汗だくで「雪姫」…なぁに?」
    「前見て」え?前?よく分からないけどとりあえず前を見た時、ツリーが点灯された。
    「………綺麗」
    ライトアップされたツリーは予想以上に綺麗で、しかも冬眞と見れるなんて、嬉しい!心の中でそう思ってたら耳元でそっと聞こえた、冬眞の声。



    「雪姫、好きだよ」


    ___私も好きだよ、冬眞

    きゅん

    7

    あしゅ✿*さんをフォロー

    通報する

  21. 今日はクリスマス当日です。ですが、彼氏なしの私凛月には関係無いイベントですね。
    凛「はぁ。彼氏欲しいな。」
    そんなことを1人教室で思っていると、いきなり後ろから叩かれました。
    凛「もう!何すんのよ真冬。」
    真「かわいそうな子が1人たたずんでいたので来てみました。(ドヤァ)」
    うわぁ。ドヤ顔うざ。けど、好きなんだよな悔しい。
    真「んだよ、その顔。俺、お前に話があるから来たんだよ。しっかり聞いてろよ?」
    凛「うん。」
    真「俺、ずっと前からお前の子とが好きだ。だから俺と付き合え。」
    凛「う…ん。お願いします///」
    真「おう!(笑)」
    クリスマスは、私にとって関係無いイベントだと思ってたけど。好きな人がそばにいて、一緒に過ごせるのは嬉しいイベントだね。真冬。これからも一緒にいようね。
    最高のプレゼントをありがとう!

    きゅん

    5

    +青空*さんをフォロー

    通報する

▲