ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 18件ヒットしました

  2. 今日の放課後は、月に一回の図書当番。
    「よしっ、これで終わりだね」
    「うん、お疲れ様」
    私の言葉に、もう一人の図書委員である彼が微笑んだ。
    「すごいスピードで作業してたけど、何か用事あった?」
    「先輩のね、サッカー部の練習が終わるんだ、もうすぐ」
    彼に答えている間、だんだんと顔が熱くなっていくのがわかった。
    「ふーん……」
    彼は何も話さなくなってしまった。
    どうしよう。もしかして、「なに急にノロケてんだよ、こいつ」とか思われてる? 痛い女って思ってるのかも。恥ずかしい。
    「会うの?」
    彼の口が、ゆっくりと開いた。
    「その先輩と、これから」
    低い声と向けられる眼差しに、ドキッとしてしまった。
    「う、うん」
    「……ごめん」
    彼が謝罪した瞬間、私の身体は彼の腕の中にあった。
    だ、抱きしめられてる……? なんで?
    「最低なのはわかってる。でも、行ってほしくない。行かせたくない。……君が好きなんだ」

    きゅん

    4

    SunShineさんをフォロー

    通報する

  3. 私、恩田菜々香。
    今日は、近所の神社のお祭りで、親友と一緒に屋台を回っている。

    あ、同じクラスの田中斗真君……。
    とてつもない不思議くん。
    あまり喋らないし、なんか謎の行動とかするし、何考えているかさっぱりわからない。

    誰かからメールが来て、スマホを見る。
    すると……

    ドンッ!

    誰かと思い切りぶつかった。
    ぶつかった人は、その勢いでバランスを崩し、転んでしまった。
    「イタタァ……って、田中君⁉ご、ごめん!大丈夫⁉」
    なんと、ぶつかったのは田中君だった。
    「あ……大丈夫です。」
    だが、田中君は肘と膝から血が出ていた。
    「いやいや!全然大丈夫じゃないですよね⁉血、出ていますよ⁉」
    「……?何言ってるんですか?無傷じゃないですか?」
    と、田中君はニコッと笑った。
    な、何なんだ、このズルいスマイルは⁉
    自分の顔がどんどん熱くなっているのがわかる。

    不思議くんは、私に不思議な夏をくれた。

    きゅん

    4

    オタメガネさんをフォロー

    通報する

  4. “誰にでも塩対応だけど、好きな子にだけは優しい”

    そんな噂がある彼と日直の私は今、二人きりで教室にいる。

    確かに怖いイメージはあるから緊張するなぁ……。

    「ん〜……」

    掲示板の上の方にプリントを貼ろうと背伸びをするけど、なかなか届かない。

    「無理すんな」

    そのとき、彼が私の手からプリントを取った。

    「えっ、でも日誌は……」

    「もう書いた。つーかなんで率先してこっちの作業してんだよ。こういうのは男の仕事だろ」

    「私、字がヘタだから日誌はちょっと……」

    「ふーん」

    ぶっきらぼうで荒い口調なのは確か……だけど、違った。

    「“誰にでも塩対応だけど、好きな子にだけは優しい”って噂、嘘だったんだね」

    「は? なんだそれ」

    「本当は誰にでも優しく接するんだろうなって」

    「今の俺の行動、“優しい”って捉えんの?」

    「うん、私はそう思っ……」

    「じゃあ嘘じゃねぇわ、その噂」

    きゅん

    5

    SunShineさんをフォロー

    通報する

  5. 「夏期講習長かった……」

    ――――ドムドム

    校門へ向かう際に通りかかった体育館の中から、ボールのつく音が聞こえた。

    覗いてみると、華麗にシュートを決めるクラスメイトの彼の姿が。

    さすがバスケ部のエース……絵になるなぁ。

    「おう。帰んの?」

    彼が私に気づく。

    「うん」

    「……あのさ、次シュート決めたらさ」

    「え?」

    「一緒帰らねぇ?」

    「えっ……あ、う、うん」

    ビックリして思わず頷いてしまった。

    「……ふぅ」

    彼はしばらくゴールネットを見つめたあと、高くジャンプし、ボールを放った……

    ――――ガコン

    けれど、外れた。

    「わっ……」

    その瞬間、地上にいたはずの彼がゴールネット付近までジャンプしていて、勢いよくダンクシュートを決めた。

    カ、カッコいい……。

    「悪い、ズルした」

    「な、なんでそこまでして……」

    「よっぽどおまえのこと好きなんだろーな、俺」

    きゅん

    20

    SunShineさんをフォロー

    通報する

  6. ひどい雨だった。

    梅雨の到来を感じさせる大粒の雨。

    ふと目をやると軒下でずぶ濡れの女の子が雨宿りをしていた。

    その女の子はクラスメイトのセンカだった。
    簡単に彼女のことを紹介すると完璧なAIだ。
    そんな彼女が雨にうたれて雨宿りをしているなんて信じられなかった。

    「どうしたんだ?傘を忘れたのか?」
    センカに声をかけた。

    「まさか。今日の天気予報を見れば誰でも持ってきますよ」

    ただ…、彼女は続ける。
    「傘を忘れた小学生とすれ違うことは想定外でした」

    どうやら彼女は通りすがりの小学生が雨に打たれているのを不憫に思って傘をあげたらしい。

    「もし良かったら入っていかないか?家まで送っていくよ」
    勇気を振り絞って彼女を誘った。

    「貴方は優しい人なんですね。誰にでもこんなに優しいんですか?」



    続きは本編で描き進めていきます。
    是非読んでください。

    きゅん

    4

    伊吹若葉さんをフォロー

    通報する

  7. 「おい、美月…」

    ゆらりと私の目の前に現れたのは。

    「きょ、恭ちゃん…!」
    「昨日誰と、どこに行ったって…?」

    ひぃぃぃぃ!!
    顔のいい恭ちゃんの怒った顔は怖い…

    「どこでもいいっすよね?」

    そう言って私を恭ちゃんから守るように腕を引いてくれたのは、

    「隼太くん!」

    「美月と出かけたのは俺です」

    「…お前か。…二度と美月に近寄んじゃねぇ」

    恭ちゃんが隼太くんにドスの効いた声を発する。

    「ちょっ!恭ちゃん!!」

    「恭介さんには関係ないですよね?…ただの兄妹なんっすから」

    隼太くんは、隼太くんで、物凄い剣幕で恭ちゃんを睨みつけている。

    「は、隼太くん、言い過ぎだよ…!恭ちゃん、心配してくれてるんだよね?」

    昨日、いくら隼太くんが送ってくれたとはいえ、門限過ぎちゃったし…


    「…妹なんて、思ったことねーよ…」

    私は、恭ちゃんの呟きにも、気持ちにも気付かずにいた。

    きゅん

    4

    ひよいちごさんをフォロー

    通報する

  8. 「先輩、やっぱカッコいいなぁ」

    放課後は、教室の窓からサッカー部の練習を眺めるのが日課。

    といっても、ほとんど先輩しか見てないけど。

    「先輩見てんの?」

    声がして振り向くと、そこにはクラスメイトの彼が。

    「先輩っていうか……サッカー部の練習をね」

    「嘘つけ。じゃあ、さっきの独り言なんだよ」

    「聞いてたの? シュミ悪〜」

    「うるせ。つーかそんな熱い視線送ってたらさ、先輩燃えちゃうんじゃね?」

    「ふふっ。なにそれ」

    不思議……今まで彼とこんなふうに話したことなかったのにな。

    「先輩のこと好きなん?」

    彼が私の隣から外を覗こうとし、お互いの顔の距離が近くなってしまった。

    なんだかドキドキする……イイ匂いするし。

    「す、好きというか、憧れというか……」

    「ふーん……じゃあさ」

    そう呟いた彼は、私の耳に口を近づける。

    「その程度の男見るくらいなら、俺のこと見とけよ」

    きゅん

    6

    SunShineさんをフォロー

    通報する

  9. 「キミ、可愛いね。どっか遊び行かない?」

    知らない男の人にナンパされてしまった……。

    「あの、困ります……」

    肩を掴まれているのもあり、恐怖で足が動かない。

    「いーじゃん、なんでも奢るしさ」

    誰か……っ!

    「おい」

    そのとき、突然体を引っ張られ、頭上から低い声が聞こえた。

    「人の彼女になにしてんの?」

    そう言った彼は私を背中に隠し、男の人を睨みつける。

    「オ、オレは何も……」

    男の人は慌てて去っていった。

    「大丈夫か?」

    助けてくれたのは、同じクラスの男の子だった。

    「うん……ありがとう」

    「心配だし、家まで送らせて」

    「い、いいよ、そんな! 悪いよ……」

    「家に着くまではおまえの彼氏だからな、俺」

    「えっ!?」

    「さっき言ったじゃん、『人の彼女になにしてんの?』って」

    「で、でもそれは」

    「おまえさえ良ければさ……明日からも彼氏でいてぇんだけど」

    きゅん

    10

    SunShineさんをフォロー

    通報する

  10. 今日から新学期。

    2年B組の教室に入り、窓際の後ろから2番目の席に座った。

    「…………」

    ……落ち着かない理由は、わかってる。

    「やった、一番後ろ!」

    “彼と同じクラスになれた”から。

    喜びながらこちらに歩いてくる、爽やかな笑顔の彼。

    入学の頃に一目惚れしてから、遠くで想うだけの毎日だったのに。

    しかも彼の席は、私の後ろ。

    「あ、去年A組だった人だよね?」

    目が合うと、そう話しかけてくれた。

    「う、うん」

    覚えててくれたんだ……。

    「席に着けー」

    担任の先生が来室し、彼は自分の席に座る。

    そのとき、ふと思った。

    この席だと、彼に背中を見られてしまうのがなんだか恥ずか……

    「桜」

    彼の声と何より背中の感触に驚き、私は振り向いた。

    「背中に付いてたよ」

    桜の花びらを手に取る彼の笑顔は、鮮やかな春の日差しで更に眩しく見えた。

    「後ろの席のヤツの特権だな」

    きゅん

    11

    SunShineさんをフォロー

    通報する

  11. 「ねえ、ほんと大したことないから。もう戻って大丈夫だよ」

    今日の授業内容はサッカー。
    試合形式での練習の最中のことだった。はっきり言ってどんくさい私は、コートの中のどこにいたらいいのか分からず、うろうろしていただけなのに、変に足首をひねった。恥ずかしさしかない。

    体育委員の阪本くんが、保健室まで付き添ってくれた。

    「開いてるけど先生がいねえな」

    職員室かな、と言おうとしたけれど、寸前で止まった。息ごと止まったかと思った。阪本くんが、急にしゃがんで、私の足首にそっと触れたから。

    「……びっくりした」

    「俺だってびっくりだよ。何で何もない所でコケるかな」

    呆れたようにそう言いながらも、阪本くんはじーっと足首を観察したまま、手も離してくれない。

    なんだか、悪化しているような気がする。ひねった部分がやけに熱い。

    きゅん

    3

    川上毬音さんをフォロー

    通報する

  12. 「お前は、ベッドにふたりきりでも、何とも思わないわけ?」


    「は?」


    良く言っている意味が分からない。


    夕焼けのせいか、彼の顔が赤く染まる。


    「俺は、さっきから凄いドキドキしてるんだけど」


    彼は私の手首を摑み、自分の胸に押し当てた。


    「お前はそうじゃないの?」


    分からない。よく分からないけど、硬い彼の胸から、熱と鼓動が伝わってくる。


    彼は見たことのない表情をしている。


    いつも教室でおちゃらけている時の表情とは全くの別人みたいだ。


    【続きは本編で❣】

    きゅん

    5

    伊吹ハニスさんをフォロー

    通報する

  13. 野球バカは恋しない?
    そんなの嘘。
    1度離れたけどまた急接近!?
    ドキドキが止まらない!

    きゅん

    3

    なみたけさんをフォロー

    通報する

  14. 後ろを振り向くと、大好きな笑顔

    やっぱりあたしの好きなのは─


    クラスメイトの瑛星?
    幼なじみの翔ちゃん?

    どちらも大事。
    なくしたくない。
    かけがえのない存在─

    だからこそ、答えを出す。

    好きだよ.....

    きゅん

    3

    らじかるさんをフォロー

    通報する

  15. テスト週間明けの図書室は誰もいない。

    「よし。攻略成功」
    だからこうやって本棚にもたれて乙女ゲーをしていても誰にも見つからない。

    …はずなんだけど。

    「ねぇ、今日もぼっちで乙女ゲー?」

    なぜか最近クラスメイトの双海 フタミ に付きまとわれるようになった。

    「いいじゃん。こういうキュンキュンなんてゲームの中にしかないんだかーー」

    どんっ

    音に驚いて前を向くと、双海との距離は近く、顔の横に手が置かれている。

    「何してんの?」
    つまりこれは…
    「壁ドン」
    「で?」
    「いい加減気づけよ」
    「あ、キュンはしなかったよ。驚いただけ」
    「そうじゃなくて、お前のことが、す、好きなんだよ!だからちょっとキュンとすれば…」
    「大丈夫。いまキュンってした」
    「嘘ぉ!じゃあなんでそんなに冷静なんだよ!」

    …だってそうしないと、わたしの心、全部持ってかれそうだったから…

    なんて言わないけどね。

    きゅん

    31

    麓(フモト)さんをフォロー

    通報する

  16. 「あぁ~、重いなぁ…。」
    先生に、職員室にクラス全員のノートを集めて出すように頼まれてしまった。
    「こういうの、断れないんだよね~。」
    私は、1人廊下でブツブツ言ってると、
    「大丈夫か?」
    後ろから声を掛けられた。
    振り向いてみると、そこには、クラスでいつも男女関係なく話している人気の橘君が居た。
    「だ、大丈夫だよ?!」
    橘君にそう言うと、橘君は、笑って
    「無理すんなよ」
    と言って、すっと私の頭を優しく触った。
    そして橘君は
    「これって、職員室まで運ぶの?」
    と私の持っていたノートを持ち、また私の方を見てニカッと笑った。

    私の心が温かくなるのを感じた。

    きゅん

    11

    ✩star✩さんをフォロー

    通報する

  17. 授業中作文を見せるために
    先生の元まで行く途中暑さで目眩がした。「ちょっ。花大丈夫?顔色悪いよ?」めいが私の顔を覗き込む。
    「大丈夫大丈夫〜」フラッ
    「花!?」足元がふらついて後ろの机にぶつかった。机の動く音と一緒に声まで聞こえた。「ぃでっ」
    フラついた勢いで狭山の足を踏んでしまった。「ご……め…」私はそう言いの事すと床に倒れてしまった。
    「花!大丈夫!?」めいが私の名前を呼ぶ。すると狭山が「俺が運ぶ」
    そう言って私をお姫様抱っこをして
    歩き出した。「重いからいいよ!」
    私は抵抗したけどびくともしなかった。すると狭山は私の頭を撫でて
    「目、つぶってろ。きついんだろ?」そう言って私を保健室まで
    連れて行ってくれた。

    きゅん

    17

    charan→☆さんをフォロー

    通報する

  18. 「うわマジか…雨降ってる…」
    空き教室でいつものようにサボっていたらいつの間にか寝てしまったあたし。
    気づけば18時を過ぎていて、そろそろ帰るかと下駄箱に行くと。
    外は土砂降り。
    「だぁーくそ!…帰ろ…」
    苛々してもしょうがないので鞄を抱えて駆け出そうとした瞬間。

    「ぬぉわっ!?」
    手を掴まれ背後の誰かに倒れ込んだ。
    「こんな雨の中濡れて帰ったら風邪引くよ、佐隈さん」
    聞き覚えのある声に降り仰ぐと

    「八雲?」
    背後にはクラスメイトの八雲深がいた。
    「はい、傘」
    「貸してくれんの?」
    差し出された、開かれた傘に首を傾げると
    「そしたら俺が濡れるじゃん。あいあい傘に決まってるでしょ」
    「…は?」
    思わず言うと

    「しないなら貸さない」


    無表情なのに耳だけ赤い八雲に思わず笑った。


    「しょうがないからしてやるよ」

    きゅん

    6

    Bellflowerさんをフォロー

    通報する

▲