ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 後輩で彼氏でもあるバスケ部の中村君と、放課後公園デート中。


    「マネージャー」

    「ん?」

    「この缶をここから投げて、あそこのゴミ箱に入ったら、今したいことをしてもいいですか?」

    「したいことって?」

    「それは、入ってから言います」

    「まぁいいけど……結構遠くない?」

    「大丈夫です、絶対入れてみせます」

    「すごい自信。さすがエース」

    「では、いきます」


    中村君は、ゴミ箱に狙いを定めてから、缶をシュート!

    ガランッ!


    「は、入ったぁ!すごーい!」

    「よしっ、有言実行!」

    「で?したいことって?」

    「……俺……マネージャーと、キスがしたいです」

    「えっ!?缶を入れてまでしたいことって、キス!?」

    「はい……」


    中村君とだったら、缶を入れなくてもするのに……でもなんか、遠回しにそんなことをする中村君がすごく愛しい。


    「じゃあ……キスしよう?」

    きゅん

    5

    しまゆうかさんをフォロー

    通報する

▲