ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. ──バスケ部の練習後。部室にて、二年生の先輩からウワサ話を聞かされた。


    「あのさ……キャプテンとマネージャー、デキてるみたいだぞ」


     な……何だって!?

     密かに動揺する俺をよそに、みんなが一斉に食いついた。


    「そういや、最後の体育館の点検も、二人きりでしてるよな」

    「『マネージャー。君のことも点検しよう』
     『やだぁ、キャプテンったら~』……なーんて!」


     バカな一人芝居に、ダハハー!と、むさ苦しい笑い声があがる。

     いや、ちっとも笑えないです!

     でも確かに、キャプテンの方が歳上だし、頼もしい。

     それに比べて俺は、ただの一年坊主。

     この前の告白の返事も、まだ貰えていない……。


    「おい、中村!どこ行くんだよ!」

    「忘れ物です!」


     マネージャー教えて下さい。

     キャプテンとは、ただのウワサですよね?

     だとしたら……俺のこと、好きですか?

    きゅん

    16

    しまゆうかさんをフォロー

    通報する

▲