ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 私の彼氏スズ君。今日は付き合って3ヶ月記念で
    今は屋上で話してる。
    「でさぁあの時マジでビビったんだよねー。」
    なんて他愛もない会話をしていた。そこで私は
    「……ねぇスズ君。もう別れない?」
    「え?なんで?」
    「疲れちゃったの。」
    「……ウソ、だよね?」
    動揺してるスズ君。
    「……」
    「そっか……。じゃあ俺からも言わせて。」
    「?」
    「俺、ミハルのこと大っ嫌いだよ。」
    「!!」
    そんな……。でも今日は、
    『ピコン♪』
    メールが来た。
    『ウソ。大好きミハル!今日はエイプリルフールだからな!』
    私のウソなんてバレバレだったらしい。
    『酷いこと言ってゴメン!大好きスズ君!』
    ……それにしてもこんなに泣きそうになった
    エイプリルフールは初めてだ。
    私は隣で手を繋いでくれてるスズ君を見た。そして
    視線が重なり私は思った。



    ウソでもこの手を離したくないと……。

    きゅん

    5

    澪羅(レイラ)さんをフォロー

    通報する

  3. 「お前と一緒に頑張ってこれてよかった」

    なんて言われたらきっと、私は涙が止まらない。

    きゅん

    1

    海ウソさんをフォロー

    通報する

  4. 「あの!名前教えてくれませんか?」


    「え、あ…河村皐月」



    「ありがとうございます!」



    「あ、あと、今日の朝は転んだところに手を貸してくれてありがとうございました!」


    「あ、あの朝おもいっきり転けてた子か!!!!大丈夫?」


    皐月先輩は少しバカにした感じで聞いてきた

    「いや、もうお尻痛くて」


    そう言ったらすごく可愛い顔で笑うんだ


    惚れるなってゆう方が無理だよ

    きゅん

    13

    海ウソさんをフォロー

    通報する

▲