ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 目の前に現れていた、幾つも連なる鳥居の道。
    溢れる光が、彼女を包んで霧となった。

    まだ彼女に抱きしめられた温もりが消えてくれなくて、心臓が激しく脈を打つ。
    目頭が燃えるように熱くなり、胸が締められて苦しい。


    ……違う。これは違うんだ。私は誰か一人を特別に想ってはいけない。平等でなければならないのだから…。

    自分の感情を握りつぶすように、固く拳をつくる。

    「なあ。右狐、左狐」

    「はい」 「何ですか標様」

    「神とは…一体何なのだろうな」

    私は生き物に、各々の適した道へと導く神だ。
    なのに、自分の進みたい道……誰か一人を愛するという道に進むことは許されない。


    風が吹き、長いコートがバサリと鳴く。

    彼女が選んだこの服が、やけに重く、苦しく、


    ─────愛おしく感じた。

    きゅん

    5

    氷高 ノアさんをフォロー

    通報する

▲