ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. ──お昼休み。屋上へ行ったら……


    「やべっ……」

    「誰ぇ?邪魔しないでよぉ」


     彼氏が、他のコとイチャこいてた。


    ──電撃破局から数時間後。


    「爽やかな顔して、ボンキュッボンとUWKかい!」


     誰もいない教室で、やけ酒ならぬ、やけコーラ。


    「……UWKって何だよ?」


     ビクッとして振り返ると、同じクラスの男子がいた。


    「UWKってウワキだよ、U・WA・KI!実は、こういうことがあって……」

    「うわ、気の毒な……」

    「もう最悪~!ガブガブ……」

    「おい、コーラ飲み過ぎ。涙目だぞ」

    「だって……」

    「よしよし。好きなだけ泣け」

    「ぐわぁ~ん!」


    ──10分後。


    「どうだ?少しはスッキリしたか?」

    「うん……」

    「あんなヤツより、もっといいヤツ見つかるって。な?」


     頭ポンに、思わずキュン……。

     私……もっといいヤツ、見つけた。

    きゅん

    8

    しまゆうかさんをフォロー

    通報する

▲