ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 私は女優をやっている。今回は学生役。恋愛物で今回相手役は声優らしい。
    相手役はまだ来ていず、休憩だった。そして私がお茶を飲もうとした瞬間屋上の扉が開き、
    「おはようございます」
    となかなかの低音イケボが聞こえてきた。私はあなたの声にひとみみぼれしました。

    きゅん

    6

    海璃愛海さんをフォロー

    通報する

▲