ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 放課後、クラスの女子が集まって、髪の毛いじって遊んでる。

    おまえさ、おれと帰る約束してたくせに。

    おれは漫画読みながら待ってるわけで。


    「ねえ、さっきのと今の、どっちが似合うかな?」


    髪を上げたおまえが、おれの漫画を奪った。


    「さっきのって? 髪なんか上げようが結ぼうが編もうが、細かい違いはどうでもいい」


    「面と向かってそんなこと言う!?」


    ため息。

    しゃーないだろ。


    「おまえ、チョコ好きだよな?」


    「は? 好きだけど?」


    「ホットココアとホットチョコレートの違い、説明できるか?」


    「え?」


    「どっちもうまいから、どっちでもいいよな。おれもチョコ好きだし、細かい違いはどうでもいい」


    「え? え?」


    こういう男、嫌われんのかもしれないけど。

    でも、おれはおれ以外にはなれねぇし。


    「どんな髪型だろうと、かわいいって思う。そんだけだよ」

    きゅん

    34

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲