ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 『新しい家、少しは慣れたか?』
    『…』
    彼女は最近婚約者となった彼氏との二人っきりの新居に慣れる訳がないと言わんばかりに照れた
    『慣れてないか…』
    彼女は顔に出過ぎる
    まぁ、俺の前だけだけどな
    此処は家政婦兼メイドのような彼女を俺の彼女にして、少ししてから新居に住もうと決めて、数週間前に住み始めた新居だ
    『掃除する』
    彼女はたどたどしくそう言って俺の本棚の方に向かう
    『大丈夫だから今日は休め
    最近ずっと荷解きしてて、疲れただろ?』
    『うん』
    そう言って彼女はソファーへと向かって座る
    『コーヒー飲んで良いからな?』
    俺はソファーの前の机の上のコーヒーを指差して言った
    『あり…がとう』
    彼女は急に泣きながらコーヒーを飲み始めた
    『おいおい…どうしたんだよ?』
    『何か珍しくど直球に優しいから…』
    こんなに失礼な事を言われても可愛いとしか思えない
    『お疲れ様』
    そう言って俺は、彼女の頭を軽く叩いた

    きゅん

    5

    ReiditStarさんをフォロー

    通報する

  3. 『なぁ…アイツ誰?』
    『誰の事?』
    『お前がさっきまでしていた電話の相手は誰だ?』
    『何で教えなきゃなの?』
    『嫉妬以外に何が有るんだよ』彼はそう耳元で囁きながら後ろから抱き締めてきた
    『…』
    『顔赤くして黙られても止めねぇから。
    何で、そんな風にとぼけたり黙ったりするんだよ?』
    『うぅ…それは…その…抱き締めて…ほしい…から…』
    『は?』
    『ゴメン…』
    『は?何謝ってるんだよ?』
    『え…』
    『そんなの嬉しい以外の何者でもないだろ?あ、でも…そんなに反省してんなら、分かる…よな?』
    『へ?』
    『お仕置きだ。じゃあ、問題を出してやる』
    『問題…?』
    『俺がお前に今されて喜ぶ事は?』
    『喜ぶ事っ!?』
    (全く想像つかない…)
    『はい。時間切れ』
    『えぇ!?』
    『答えはキス意外無いって体に教え込んでやるよ』
    『えっ!?』
    『躾てやるんだよ。俺のメイドを…な?』
    私のご主人様兼彼氏は私を押し倒した

    きゅん

    5

    ReiditStarさんをフォロー

    通報する

▲