ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「おーい、花菜!」

    私は放課後が大好き。

    理由は、彼とおしゃべりできるから。

    「今日は何作ったの?」

    彼、楓くんは私の幼なじみで学校のアイドル。

    生徒会長で、学年一頭が良くて、ルックスは芸能人並み、その上優しくてまさに完璧。

    そんな楓くん、かえくんは他校にファンクラブがある程の人気者。

    だから、一般人の私がかえくんと学校で話せる訳ない。

    だけど、かえくんは放課後わざわざ私と一緒に帰ってくれる。

    「今日はカップケーキを作ったんだ〜」

    「わぁ!美味しそう」

    この笑顔が一番好き。
    この笑顔のために部活を頑張るし、家でもお菓子作りの練習をする。

    「いつもありがとう。好きだよ」

    ……え?

    あっ、

    「このカップケーキが好きなのか〜。次は違う味も作ってみるね」


    その時にかえくんが

    「カップケーキよりも花菜のことが……」

    と言っていたことは、花菜の耳には届かなかった。

    きゅん

    32

    桃咲 あんずさんをフォロー

    通報する

▲