ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 僕が君と目が合わないのは
    君があいつを見てるから

    どんな時でも君はあいつしか思ってなくて

    歌を歌っている理由も

    どんなときも

    全部全部君はあいつを思ってる。

    少しくらい
    僕のことを見てよ
    僕のために歌ってよ
    僕のことを考えてよ
    僕のことを思ってよ

    そんな願い、叶うはずもないのに。

    君があいつのことを思ってるように
    僕は
    君のことを思ってる

    初めて会ったあの日からずっと
    僕のためだけに歌ってくれた日からずっと
    僕は





    __________________君が好きだ。

    きゅん

    40

    由羅汰さんをフォロー

    通報する

▲