ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 自分の気持ちに嘘をついて生きてる…

    溢れ出すこの気持ちに気づかないふりをして


    俺は君を傷つけるだけだから…


    俺と話す時の君は少し頬を赤らめてて

    その表情は君の全てを語ってる

    知ってて俺は拒絶するんだ

    …だけど君の隣は誰にも渡したくなくて

    最低だろ?

    そんなの分かってる

    それでも…それでも…

    溢れだしそうなこの気持ちをなくすことはできない

    もっと俺が強くなったら

    …きっと君に伝えるから


    『好きだよ』って


    だからその日までずっと俺を見ててよ?

    よそ見なんてしないで…



    溢れそうな思いを隠して

    俺は歌を作る

    絶対に言えないこの気持ちを

    歌に込めて…

    きゅん

    27

    あゆ×あみさんをフォロー

    通報する

▲