ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「 響け 」

    どれくらい願っただろう。

    「 届け 」

    どれくらい想っただろう。

    君と離れてから
    君の事を忘れた日は
    一度もなかった。

    君が隣にいた日々に
    言えなかった言葉。

    大好きな歌と一緒に
    言えなかった私の気持ちも
    君に届くと信じて
    私は今日も歌う。


    君と私の大好きな曲なのに
    涙が出るのはなんでかな。


    "また君に会えたなら
    伝えたいことがあるんだ"



    だからもう一度、



    君に会いたい。

    きゅん

    39

    #poaiさんをフォロー

    通報する

▲