ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「急に呼び出してごめん」
    「全然、大丈夫だよ!で、どうしたの?」
    「あの...バレンタインのお返しのチョコを渡そうと思って」
    ドキッ!
    「ありがとう。」
    「あとさ、今日、お前ん家、行っていい?」
    「うん、全然いいよ。」
    「じゃあ、今から、靴箱まで競走な!」
    「えっ!!待ってよ〜」

    きゅん

    1

    安藤 雪姫さんをフォロー

    通報する

▲