ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 久留米は俺が好きだ。

    それを知ってから、なにかといじめたくなる。

    「今日のデートはここまでだな」

    「でっ、デートとか生々しいからやめてくれない⁉︎」

    こうして目をそらしつつも、真っ赤になる頬がたまらない。

    「生々しいって言うお前が、一番生々しいだろ」

    「…はぁ⁉︎なによそれ‼︎」

    耳まで染めて、そんな顔すんなよ…そろそろ離れなきゃ理性がやばい。

    「はいはい。じゃあ気をつけて帰れよ」

    「えっ」

    「…なんだよ?」

    「い、いや別に」

    「なーんだよ」

    「織川は、その……名残惜しいとか、思わないのかなって」

    バカ、愚問だよ。

    腰に手を回して、グイッと引き寄せる。

    「人前、なんだけど」

    「名残惜しさ半減しない?」

    「…もっと…惜しくなる」

    これ…可愛すぎだろ。

    唇を寄せると、彼女は目を瞑る。

    「人前、だけど?」

    「…バカ」

    たまらず俺は、キスをした。

    きゅん

    13

    魚澄 住さんをフォロー

    通報する

▲