ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 卒業式。私の初恋は、今日ようやく終わる。
    「先輩ー、第二ボタンくださいよ」
    ふざけて頼む後輩の女の子に、先輩は、
    「だーめ。もう予約済み」
    そんな声を遠くから耳にして傷付く。
    けど、仕方ない。私の想いなんて先輩が知るわけがないのだから。
    「ねえ、そこの君。生徒会とか興味ない?」
    初めて声をかけられてから、先輩と2人で過ごした甘く苦い思い出が蘇る。
    卒業証書の筒に頭を叩かれて、驚いて振り向く。後輩に囲まれていたはずの先輩が笑った。
    「お前、何泣いてんだよ」
    「……すみません」
    「ほら、笑え」
    頬を引っ張られる。この悪戯な笑顔ももう見られない。私は意を決して、叶わぬ恋に終わりを告げる。
    「先輩のこと、好きでした。
    忘れないでください」
    すると先輩は眉をひそめた。
    「何、勝手に過去にしてんの?お前が俺から離れられるわけないでしょ」
    驚く私の手のひらに、先輩の輝く第二ボタンが降ってきた。

    きゅん

    11

    香佑さんをフォロー

    通報する

▲