ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日こそ私は言う…。



    「や、よい…。」


    「瑞生、待った?」


    私は首をフルフルと横に振る。



    「で、でで…デート!!放課後デート…したい。」


    私がそう言うと、おかしそうにフッと笑った。


    「ずっとそれ言おうとしてた?」


    コクリと私は頷く。


    「あーー。可愛すぎ。」


    弥生は顔に手を当てて、嬉しそうに笑った。


    「してくれるの?」


    「するに決まってるだろ。」


    ギュッと正面から抱きしめてくる弥生。



    「ま、まだ人いるから!!」


    私は押し返そうとするが、ひっついて離れない。


    「はな…して?弥生…。」


    弥生を見上げると、カッと頬を染める。


    「放課後デート明日でい?」


    「な、なんで!?」


    「今日は家に誘いたい気分になったから。」



    そう言って私の腰に手を回した。


    「いい?」


    そんなの…。


    断れるわけないじゃん。

    きゅん

    18

    ♢ りひと ♢さんをフォロー

    通報する

▲