ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. かわいすぎ。
    刹那、唇を奪われた俺の彼女ーーちーちゃんは、顔どころか首まで真っ赤にして固まった。
    ちーちゃんは俺が初彼氏らしい。
    でも、ちーちゃんかなり可愛いし、性格もいいし、未だに信じられない。
    ‥から、こういう反応を見るとこういうことに免疫ないんだなって実感する。
    ちーちゃんの兄は、彼女が可愛すぎて血を吐きそうだから彼女と二人きりになれないとか言うヘンな奴だけど‥ちーちゃんを見てると、その気持ちがわかる気がする。
    今まで誰にも思ったことのない感情。
    彼女が可愛すぎて、頭がおかしくなりそう。
    いっそちーちゃんに溺れてしまいたい。
    そうしたら‥ちーちゃんを、俺でいっぱいにできるかな?
    ねえ、どうしたら俺だけを見ていてくれる?
    ‥無理は承知の上で、そんなことを思ってしまう。
    彼女が可愛すぎる、が結構な罪だと思う俺は、すでにネジ3本くらいぶっ飛んでる。
    ‥だから、キミからのキスで責任とってね?

    きゅん

    6

    桜月 澄さんをフォロー

    通報する

▲