ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 私が生まれて初めて恋したのは、お兄ちゃん。
    それは、高校生になっても変わらない。


    「ねぇ、お兄ちゃん」

    「何だよ?」

    「さっきの人、彼女?」

    「は?」


    傷つくのがわかっていて、兄と同じ高校に入学した。
    校内で、兄が女の子と歩いている時は大概彼女だ。

    「お前には関係ない」

    「…あるよ」

    「え?」

    "だって、お兄ちゃんが好きだから"

    …言えないけど。


    「お兄ちゃん、見た目だけはいいから」

    「…どういう意味だよ」

    ううん…本当は見た目だけじゃない。

    勉強もできて、スポーツもできて、本当は優しいお兄ちゃん。

    「彼女さん、騙されてるんじゃないかなって」

    「うるせーよ」

    他人であることが、羨ましい。

    そんなことに嫉妬しても、しょうがないのに。

    私はただの、妹ー…

    わかっているのに、お兄ちゃんを好きなことは止められない。

    叶っちゃいけない、恋なのにー…

    きゅん

    9

    日南あゆむさんをフォロー

    通報する

▲