ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「何やってるんだ?」

    突然後ろから声が聞こえて振り返ると、私の彼氏そこにいた。

    「今日私が日直だからその仕事してたの。」

    「ふーん、まっ終わるまで待っててやるよ。」

    「えっ、いいよ。」

    「俺が待ってたいんだからいいんだよ。」

    そう言いながら、私の頭をぽんぽんしていた。

    きゅん

    9

    氷華月さんをフォロー

    通報する

▲