ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「急に呼び出してごめんな?」



    、「ううん!全然!どうしたの?」

    「俺がさ、、、」

    、「?俺が?」

    「俺が!お前を好きって言ったらどうする?」


    、「、、、え?///ど、どうするって……」


    「お願いします!俺と付き合って下さい!」

    、「……私も。ずっと前から好きだった」


    「……え?まじで!?…シャアアアッ!」



    君はいつもより笑顔で蛍光灯にVサインを
    掲げた。

    きゅん

    4

    一神さんをフォロー

    通報する

▲