ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 帰り道。


    何気なく君の声が聞きたくて


    電話してみた。



    プルルルル…




    …どうした?



    んーん、何でもないの。
    ただ、話したいなぁーって思って。



    …何してたの?



    んーと、コンビニ行って帰り道。



    …一人?



    え、うん。



    は?
    お前一人なの?こんな夜中に?
    え、今どこらへん?学校の近く?
    ちょ、待ってろ。
    は?
    たとえ家の近くだろうと、
    お前一人で外出るな。
    最近物騒なんだから。
    ほんと危機感ねぇな。
    今度、夜に外出る時は俺の事呼べ。
    いつでも駆けつけるから。











    いつもは、無口でクールな君が



    私の事を心配して



    怒って迎えに来てくれる。



    驚いたけど、



    たまには焦ってる君の姿も



    見せてほしい。



    君が




    私の事を


    ほんとに好きだって、実感できるから。

    きゅん

    22

    白雪 終花さんをフォロー

    通報する

▲