ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「ねぇ、先生は彼女いる?」
    「いないよ~」

    実習生の先生は初日から何度もこの質問に答えているらしく苦笑いを浮かべている。

    「でもさ、先生ってモテるでしょ?かっこいいし」
    「まぁな」
    「うわ、否定しないんだね」
    「俺くらいイケメンだといいんだよ」

    きっとこの返しも何度もしているんだろうなぁ。
    テンプレートで固められた言葉には真意が見えない。

    「片思いで困ったことないでしょ、センセ?」
     
    ちょうど振られたばっかの私は心がささくれているのだ。八つ当たりくらいさせてほしい。

    「いやいや、もう何年も片思いだよ」
    「へぇ、以外。何で?」
    「…大切だからかなぁ」
    「ふーん?大人って面倒だね、好きだよって言えばいいのに。大切なら」
    「中学生が生意気、大人には色々あんの!」

    くしゃりと笑った先生に小さな声でありがとうとお礼を言われたのは気のせいだっただろうか。

    きゅん

    3

    碧砂糖さんをフォロー

    通報する

▲