ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. あたしの彼は冷たいの。
    でもね、最近は凄く甘いんだよ?



    「ねー、雄也。」


    「……」


    あ、また黙り込んだ。
    こうされると、以前のことを思い出してどうしても不安になってしまう…


    さっきの甘いってやつ前言撤回だ!


    「ねぇ、雄也?」


    そして言ってしまう。



    「あたしのこと好き?」


    「……」


    ねぇ、なんで答えてくんないの。
    これじゃ前と変わりないじゃん…


    「雄也、私は雄也のこと好きだよ?」


    「……っ///」


    あっ、赤くなった。
    ふふ、ちょと苛めちゃお。


    「雄也好き。だーいすき。」


    「なぁ、ゆずる…」


    「ん?」


    チュッ…


    「えっ、はっ////」


    「バーカ。俺も好き。」


    「ちょっと!不意打ち反則!」


    今日の彼はやっぱり甘かった。


    このお話は本編の少しあとのお話。
    気になる方は是非みてください!

    きゅん

    38

    まいねーむぺんさんをフォロー

    通報する

▲