ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「帰んぞ」





    放課後。いつものようにやってきた幼なじみであり彼氏の大翔(だいと)。




    「あ、じゃあまたね!晴樹(はるき)くん!」



    最近入った美化委員で一緒になった晴樹くんに別れを告げて大翔のところへ行った。



    大翔は無言でスタスタ下駄箱へと向かう。




    ……あれ、なんか怒ってる?




    「お前、あいつと仲いいの?」


    すると突然そう聞いてきた大翔。





    「委員会が同じで仲良くなったの!!」


    笑顔でそう言うと、頭を小突かれた。




    「お前は俺のなんだから、あんま他の男と仲良くすんなよ」




    不機嫌そうにそう言った。


    もしかして大翔、妬いてる!?



    「お前は俺だけ見てればいーの」




    「……っ」






    甘い幼なじみに今日も翻弄されっぱなしです。

    きゅん

    81

    柊 緩音さんをフォロー

    通報する

▲